歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

『病院スクランブル』

『病院スクランブル』多数決禁止な場面

『危険を手懐ける』危険だからと避けてばかりいると、逆に危険が増えます。火が危ないからと生物ばかり食べて、食中毒になるようなもののです。「どんなものにもメリット・デメリットはある」の心構えでいた方が危険度は下がりますよ。

『病院スクランブル』多数決の運用法

『メディアリテラシー』土台となる知識と判断力がなければ、多くの情報に触れても騙されるだけです。個人で発信できる時代になりましたが、権力や財力が多い人の発言権が強いのは変わっていません。情報誘導の例は、古今東西の歴史書に読みきれないほどあり…

『病院スクランブル』映画「記者たち」は、多数決の恐ろしさを教えてくれる

『多数決は無責任の母』一人で決める経験が少なすぎると、無責任人間になります。子育て失敗の多くは「親が代わりに決断」です。決断力と責任感はセットです。自分で決めて失敗する経験がないと、損をしたくないからと決めない人間に育ちます。責任感のない…

『病院スクランブル』冷静さを忘れる時

『無感動は死への片道切符』感情が凍っていた頃は、毎日が消化試合でした。時計の歯車のように、周りの歯車の回転を邪魔しないように動くだけの生活です。死にそうになろうが、食事が何日抜けようが苦しさをあまり感じなかったのが救いでしたね。痛みがない…

『病院スクランブル』冷静さの獲得法

『冷たいだけでも、生きられない』感情が熱すぎると、自分も周りも燃やし尽くします。けれでも冷たすぎては凍えてしまいます。お風呂の温度と同じく、自分にとっての適温を見つけるのが生き抜くコツです。

『病院スクランブル』冷静さというメガネ拭き

『パニックは状況を悪化させる』トラブル時に、最も保つべきなのは判断力です。災害時は判断ミスは、死に直結します。「若いうちの苦労は買ってでもしろ」との言葉は、冷静さの鍛え方を教えてくれています。普段は冷静でも、危機にパニックの人は頼りになり…

『病院スクランブル』信じられる人に出会うには?

『立場と信じられるかは別』人格と立場は全く関係ありません。「仲間だけで信用できない」「ライバルだけど信用できる」逆に言えば、状況が変わった程度で崩れる信用なんて、いつかは崩れる脆いものです。少なくとも、信頼はできません。

『病院スクランブル』人間不信も不要じゃない

『信じる前に見極める』皮肉なことに、信じる人ほど根深い不信に陥ります。不信の母は裏切りです。不信の世界は心が何も感じなくなり、生きている実感すら無くなります。そうなる前に、信じる対象を選んでください。できるなら「裏切られても良い」と思える…

『病院スクランブル』急速充電は、人間の体でも悪影響

『疲れは急には無くならない』使うのはすぐなのに、なかなか貯まらないのが体力です。お金と似ていますが、即回復の手段がないのが大きな違いです。疲れきる前に休むのが、体力維持のコツです。

『病院スクランブル』相手の期待を見抜く

『相手の腹の中をよむ』希望には優先順位があります。喜んでほしいなら、できるだけ順位の高い希望を叶えてください。100の努力で10位の願いを叶えるより、1の努力で1位の願を叶える方が感謝されます。自分目線と相手目線の切り替えをお忘れなく。

『病院スクランブル』他者への期待は、心には毒である

『期待はほどほどに』ほとんどの場合、期待は相手にとって荷物になります。ちょっとした量なら心の筋トレですが、重すぎればバラバラに壊れます。人によっては再起不能になります。応援の言葉にご注意くださいね。

『病院スクランブル』締め切りの威力

『真面目≠信用』人が評価しやすいのは、目に見えるものです。期限を守る行為は、最も評価されやすい行動のひとつです。自分の決めた締め切りを守れるようになると、時間管理能力がアップしますよ。

『病院スクランブル』事実は完成されたパズル

『不都合を受け入れる』みえた事実が、自分にとって都合のいいものとは限りません。むしろ嬉しくない事実がほとんどです。「信じたくないものを受け入れられるか?」が、判断力を磨く最初の壁です。

『病院スクランブル』情報探しは砂金探し

『発信者の裏を読む』人格と分析力は比例しません。いい人が騙されやすいのは、疑う気持ちが少ないからです。疑いは分析力を育てる水です。「この情報を発信した目的は何だろう?」と相手の意思を想像すると、分析力が磨かれますよ。

『病院スクランブル』口コミをどこまで信じる?

『口コミも相性』好みも体質も人それぞれです。本音で語っているから信用できる、とはなりません。特に食事の好み違いは、離婚に発展する例があるほど根深いものです。感覚が近い発信者を見つけてくださいね。

『病院スクランブル』苦も首を絞める

『我慢もほどほど』楽ばっかりと同じくらい、苦ばっかりも問題です。効率化は言い換えれば「しんどい作業を楽にすること」です。過ぎる我慢は毒にしかなりません。美味しい肉じゃがは、甘みと塩加減のバランスが抜群ですよ。苦楽もバランスです。

『病院スクランブル』楽は首を絞める

『楽は先送り』楽だけの生活は、借金だけで生活するのと同じです。いずれ膨れ上がった負債を、人生が回収にきます。人生が破産する前に、自ら動いてくださいね。

『病院スクランブル』 自考力の鍛え方

『考えればいいってもんじゃない!』人間の意識はほんの一部、思考力のほとんどは無意識です。悩んでも答えが出ない時は、無意識にぶん投げます。だからこそ質問力が重要です。問いがあってこその、答えですからね。

『病院スクランブル』 AIは新世界の神にはなれない

『AI社会で生きる』利益を追求する資本主義の社会で暮らす限り、AIとの共存は避けられません。産業革命と多量の失業者はセットです。今のうちに、AIとかぶらない能力を磨いてくださいね。

『病院スクランブル』 未来は霧

『望む未来を引き寄せる』夢が叶うまでの道のりは、曲がりくねっています。「今日の夕飯はハンバーグ」の近い未来すら、変わる時は変わります。予定通りにはいかない、と覚悟しておくのが夢を叶えるコツです。

『病院スクランブル』 焦り解消法は、時間で違う

『いかに冷静さを取り戻すか?』記事では考え方を紹介しましたが、動作のパターンもあります。深呼吸、手をひらく、散歩する、短時間バージョンでも無数にあります。心が落ち着きを取り戻すなら、なんでもOKです。自分にとってベストの手段を見つけてくださ…

『病院スクランブル』 焦りは、足元の石である  

『焦りをコントロール』焦りは、ストレスと疲労を倍増させます。多少の焦りは目標への推進剤です。しかし、焦りに飲まれてしまえば判断力すら失います。焦りをコントロールするのも、成功のコツです。

『病院スクランブル』 専門家に隠し事をすべきか?

『隠し事は、首を絞める』誰にでも、なんでも話すのは問題です。ですが、まったく話さないのも同じくらい問題です。「どこまで話せばいいか?」を見極める経験を積んでくださいね。失敗しても、その経験が後に自分を助けてくれますよ。

『病院スクランブル』 「おかしい」、問題ない

『ヒラリとかわす』自分基準に当てはまらない人間を見下す。そんな人は、残念ながらたくさんいます。関わるとダークサイドに引きずり込まれます。さらりと避けましょう。

『病院スクランブル』 家族とも、相性がある

注意:内容が重めなので、凹んでいる人は読まないでください。 要約:家族でも、仲良くできない場合がある。離れるのも選択のひとつです。

『病院スクランブル』 保険は必要なのか?

『保険もほどほどに』保険料は多すぎず、少なすぎずがポイントです。多すぎれば自由に使えるお金が減り、学びの機会が減ります。少なすぎるとトラブルに飲み込まれます。加入前にしっかり検討してくださいね。

『病院スクランブル』 大家さんとの付き合い方

『支払いは早めに』お金を気持ちよく渡す。たったこれだけで信頼されやすくなります。自身の支払い履歴が、データとして管理される時代です。払うべきものは、さっさと渡しましょう。金運アップにも効果的ですよ。

『病院スクランブル』 共感されやすい感情は?

『感情は流されやすい』共感を狙った、特に負の感情を煽る情報がネット上にあふれています。煽られた感情は、体力・気力・判断力を奪います。そんな時にした決断は、後悔を生みます。決断には、熱い想いと冷静な思考の両方が必要です。

『病院スクランブル』 ドロドロ感情は、利用されやすい

『無意識で決めている』なにかを決断する場合、まずは無意識で候補を選んでいます。。いくつか候補が決まってから、論理が回り始めます。脳の仕組み上、無意識より先に論理は働きません。そして無意識を大きく左右しているのが、感情です。

『病院スクランブル』 運はビリヤード玉だ

『運に左右される』勝負は時の運、というように実力だけで物事は決まりません。ちょっとしたタイミングの違いでうまくいったり、ダメだったりします。多くの人を観察してきましたが、10年単位で運がいい人は皆さん人格が素晴らしい人でした。