歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

学び方

【病院スクランブル】情報収集の仕方

『情報は霧の向こう』

【病院スクランブル】追い詰められるのも、時にはアリ

『底力の出し方』

【病院スクランブル】対面は制御不能

『対面は面倒だが、役に立つ』

【病院スクランブル】偽りが通じるほど、1流は甘くない

『1流は透視能力持ち』偽りは暴かれるものです。

【病院スクランブル】視線を取り戻したい

『工夫なき継続なんてない』人間関係も、学習も、最大の敵は”慣れ”ですよ。

【病院スクランブル】力を抜かずにコケると骨を折る

『まずはリラックス』熱意と緊張は違うものです。真剣なのはいいことですが、過ぎた緊張は挫折のもとです。恐怖心もセットされれば、まずトラブルは避けられません。緊張と恐怖心を経験するのは、リラックスを覚えてからで十分です。

【病院スクランブル】上手な失敗は、自転車に学べ

『失敗ナシは恐ろしい』社会に出て、つくづく実感しました。「失敗経験のない人は心が折れやすい」一度の失敗で諦める人も、どん底に落ちたまま飲まれた人もいました。心の強さは失敗で磨かれます。

【病院スクランブル】読書ができない人向けの対策法

『読む必要があるのか?』活字中毒ですが、読書がすべての人に必要だとは思っていません。「読めれば広がる世界もあるけれど、他の分野でも広げられるよね」むしろ自分の得意、不得意に気づく方がよっぽど大事です。読書は武器のひとつに過ぎません。

【病院スクランブル】エベレストに行く前に、近くの山を登る

『予想外を楽しむ』3日坊主になる最大の理由は、できないことをしようとするからです。意思の弱さが主な原因ではありません。私が毎日投稿できるのも「書くことが楽しい」からです。楽しんで続けられる方法、または楽しい目標を見つけてくださいね。

【病院スクランブル】探しもの現象が倒せない

『忘れるはルール』絶対に忘れない、才能がある人以外無理です。忘れたことを覚え直す時間も計算して学習計画を立てないと、試験前に泣く羽目になります。約束忘れなんて人生に響きます。ご注意くださいね。

【病院スクランブル】本の強みは理想の世界?

『思考だけは自分のもの』生まれた瞬間に平等は崩れます。健康かどうか、家に財産があるかどうか、どんな国にいるのか。どれも自分では決められず、ときに行動すら自由にはなりません。けれども「なにを思うか」頭の中だけは、自分だけに決定権があります。

【病院スクランブル】結局、読書はどういいの?

『読書は、創造の種』「言葉をきっかけに、頭の中に世界を作り上げる」読書の楽しさのひとつは、まだ観ぬ世界を遊ぶことです。この感覚にハマった人は、自分の意志で読書家に仲間入りします。無理やり読ませるより、よっぽど簡単ですよ。

【病院スクランブル】本が読めない時は?

『読書は時間もいる』昔に比べて本を読む人が減っています。体力だけでなく、忙しいのも原因でしょう。音声ならば、移動中でも作業中でも聴けます。紙の本にこだわる必要はありません。

【病院スクランブル】情報が通販化した社会を過ごすには?

『情報の過剰摂取』食べ過ぎれば、太ります。身体に良くないものをとり続ければ、病気になります。これは情報も同じです。心や脳を守りたいなら、受け入れる情報を選んでくださいね。

『病院スクランブル』締め切りの威力

『真面目≠信用』人が評価しやすいのは、目に見えるものです。期限を守る行為は、最も評価されやすい行動のひとつです。自分の決めた締め切りを守れるようになると、時間管理能力がアップしますよ。

『病院スクランブル』事実は完成されたパズル

『不都合を受け入れる』みえた事実が、自分にとって都合のいいものとは限りません。むしろ嬉しくない事実がほとんどです。「信じたくないものを受け入れられるか?」が、判断力を磨く最初の壁です。

『病院スクランブル』情報探しは砂金探し

『発信者の裏を読む』人格と分析力は比例しません。いい人が騙されやすいのは、疑う気持ちが少ないからです。疑いは分析力を育てる水です。「この情報を発信した目的は何だろう?」と相手の意思を想像すると、分析力が磨かれますよ。

『病院スクランブル』口コミをどこまで信じる?

『口コミも相性』好みも体質も人それぞれです。本音で語っているから信用できる、とはなりません。特に食事の好み違いは、離婚に発展する例があるほど根深いものです。感覚が近い発信者を見つけてくださいね。

『病院スクランブル』 自考力の鍛え方

『考えればいいってもんじゃない!』人間の意識はほんの一部、思考力のほとんどは無意識です。悩んでも答えが出ない時は、無意識にぶん投げます。だからこそ質問力が重要です。問いがあってこその、答えですからね。

『病院スクランブル』「早送り人生だね」

『アイディアは頭の中にはない』本を読んだり、ブラブラしたり、交流したり、いろんな経験が集まってアイディアが生まれます。文章を書いてる最中に、別の発想が浮かぶ、そんな時もあります。アイディアが出てこない時は、動いてみることをオススメします。

『病院スクランブル』 本好きは、想像たくましい

『本は基礎訓練』本を読むことで、勉強の基礎能力の半分は身につきます。理系の問題を解く時も、国語力が高ければ難易度は下がります。特に想像力は、壁を乗り越えるため、絶対に必要な能力です。

『病院スクランブル』 メモる? メモらない?

『オーダーメイドを忘れずに』人間には、向き不向きがあります。誰かにとって最高のやり方が、あなたにとっては最低のやり方だった、なんてことは不思議でも何でもありません。自分の感覚を大事にしてくださいね。

『病院スクランブル』 独学の落とし穴は、盲点

『思考も慣れる』駅への向かい方が毎回同じように、思考にも人それぞれ癖があります。楽観的だけ、悲観的だけ、どちらも人生の落とし穴にハマります。”様々な視点で考える”意識してないと、事実はみえてきません。

『病院スクランブル』 事前準備で、増える

『学びもオーダーメイド』学びは、かける時間が長ければ効果が出る、わけではありません。短い時間で効率よく、自分に合ったやり方を見つけられば、一生使えます。