歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

学び方

【歩くリトマス試験紙の反応記録】英語と日本語はルールが違う

『英語は一日にして成らず』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】未知の世界に飛び込め

『緊張は成長の入り口』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】メモにデメリットはないのか?

『ただ書けばいい、それでいいの?』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】漫画喫茶はネタの宝庫

『読まなければ書けない』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】お金の扱い方は気力・体力と同じ

『お金の本質は使うこと』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】時代の流れの見分け方(コンビニ編)

『答えは目の前にある』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】なぜ古典がいいのか?

『物語の感動ポイントは変わらない』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】本は気楽に読めばいい

『頑張ればいいってもんじゃない』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】できなかったはGiveの種

『不器用は先生の源』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】失敗なしで学べますか?

『失敗の別名は検証という』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】車は無駄なのか?

『状況が変わっても、同じ意見を言えますか?』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】読めないはトラブルの元

『分かったつもりが最も恐ろしい』

【病院スクランブル】一人では原石のまま

『単独はもろい』

【病院スクランブル】思考を掃除する

『思考の片づけ』

【病院スクランブル】情報収集の仕方

『情報は霧の向こう』

【病院スクランブル】追い詰められるのも、時にはアリ

『底力の出し方』

【病院スクランブル】対面は制御不能

『対面は面倒だが、役に立つ』

【病院スクランブル】偽りが通じるほど、1流は甘くない

『1流は透視能力持ち』偽りは暴かれるものです。

【病院スクランブル】視線を取り戻したい

『工夫なき継続なんてない』人間関係も、学習も、最大の敵は”慣れ”ですよ。

【病院スクランブル】力を抜かずにコケると骨を折る

『まずはリラックス』熱意と緊張は違うものです。真剣なのはいいことですが、過ぎた緊張は挫折のもとです。恐怖心もセットされれば、まずトラブルは避けられません。緊張と恐怖心を経験するのは、リラックスを覚えてからで十分です。

【病院スクランブル】上手な失敗は、自転車に学べ

『失敗ナシは恐ろしい』社会に出て、つくづく実感しました。「失敗経験のない人は心が折れやすい」一度の失敗で諦める人も、どん底に落ちたまま飲まれた人もいました。心の強さは失敗で磨かれます。

【病院スクランブル】読書ができない人向けの対策法

『読む必要があるのか?』活字中毒ですが、読書がすべての人に必要だとは思っていません。「読めれば広がる世界もあるけれど、他の分野でも広げられるよね」むしろ自分の得意、不得意に気づく方がよっぽど大事です。読書は武器のひとつに過ぎません。

【病院スクランブル】エベレストに行く前に、近くの山を登る

『予想外を楽しむ』3日坊主になる最大の理由は、できないことをしようとするからです。意思の弱さが主な原因ではありません。私が毎日投稿できるのも「書くことが楽しい」からです。楽しんで続けられる方法、または楽しい目標を見つけてくださいね。

【病院スクランブル】探しもの現象が倒せない

『忘れるはルール』絶対に忘れない、才能がある人以外無理です。忘れたことを覚え直す時間も計算して学習計画を立てないと、試験前に泣く羽目になります。約束忘れなんて人生に響きます。ご注意くださいね。

【病院スクランブル】本の強みは理想の世界?

『思考だけは自分のもの』生まれた瞬間に平等は崩れます。健康かどうか、家に財産があるかどうか、どんな国にいるのか。どれも自分では決められず、ときに行動すら自由にはなりません。けれども「なにを思うか」頭の中だけは、自分だけに決定権があります。

【病院スクランブル】結局、読書はどういいの?

『読書は、創造の種』「言葉をきっかけに、頭の中に世界を作り上げる」読書の楽しさのひとつは、まだ観ぬ世界を遊ぶことです。この感覚にハマった人は、自分の意志で読書家に仲間入りします。無理やり読ませるより、よっぽど簡単ですよ。

【病院スクランブル】本が読めない時は?

『読書は時間もいる』昔に比べて本を読む人が減っています。体力だけでなく、忙しいのも原因でしょう。音声ならば、移動中でも作業中でも聴けます。紙の本にこだわる必要はありません。

【病院スクランブル】情報が通販化した社会を過ごすには?

『情報の過剰摂取』食べ過ぎれば、太ります。身体に良くないものをとり続ければ、病気になります。これは情報も同じです。心や脳を守りたいなら、受け入れる情報を選んでくださいね。

『病院スクランブル』締め切りの威力

『真面目≠信用』人が評価しやすいのは、目に見えるものです。期限を守る行為は、最も評価されやすい行動のひとつです。自分の決めた締め切りを守れるようになると、時間管理能力がアップしますよ。

『病院スクランブル』事実は完成されたパズル

『不都合を受け入れる』みえた事実が、自分にとって都合のいいものとは限りません。むしろ嬉しくない事実がほとんどです。「信じたくないものを受け入れられるか?」が、判断力を磨く最初の壁です。