歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

治療

『病院スクランブル』 良い変化も、過ぎれば重力

なにごとも『いい加減は、良い加減』、やり過ぎはろくな結果を生みません。ちなみに好転反応は、身体だけでなく心にも起こります。継続ができない理由のひとつです。画像の本、巻末の科学者紹介で笑ってしまいました。ホーキング博士、はっきり言う方だった…

『病院スクランブル』 お試し道は、成功の道

お試しは、成長の元です。退屈は、人の精神を疲れさせます。お試しは、退屈を防いでくれる効果もあります。画像は、私が助けてもらっているサプリです。貝由来は数が少なくて、探すのに手こずった記憶があります。

『病院スクランブル』 自信はどこから?

自信は大切です。ですが、強すぎると取り返しのつかない失敗の原因になります。車の事故も「大丈夫」が引き起こします。自信と疑いは、セットで必要です。

『病院スクランブル』 痛みはヘルプ信号

痛みは、大事な感覚です。痛みがないと、自分の身体が危ないことに気づけません。スクランブル交差点で、車や人が安全に移動できるのも、信号のおかげです。痛みも同じです。

『病院スクランブル』 第38回 手書き

頭の中を整理するときは『手書き』がオススメです。カリカリ記入しているうちに、悩みの解決法が浮かぶことがあります。画像の『メモの魔力』は先週、知人に紹介されて読みました。感想:もっと早く出会いたかった。できれば10代で読みたかった。

『病院スクランブル』 第28回 M先生

かかりつけ医、つまり主治医は絶対に決めてください。健康な人でも”未病対策”、病気になる前に生活を改善する時に、専門家の協力があると安心ですよ。信頼できる医師を見つけてくださいね。

『病院スクランブル』 第27回 専門家

法律は専門家にお任せを、強く勧めます。お金が関わるものほど、期限が1~3か月と短い場合が多く、集める書類も多いんですよ。簡単そうに見えるだけで、複雑です。

『病院スクランブル』 第26回 見掛

パソコン、特に仕事用のパソコンにはご注意ください。見ていないようで、あなたのパソコンはチェックされている可能性大です。仕事の評価に響きますよ。

『病院スクランブル』 第25回 状況

自分の目線だけで考えると、現実からズレます。『いろんな立場から考えてみる』をお忘れなく。

『病院スクランブル』 第24回 診療所

「かけた時間やお金、体力を無駄にしたくない」この元を取ろうとする感情を上手に利用すると、勉強がはかどります。ただし”もったいないから続けよう”で損が広がるときもあるので、ご注意ください。

『病院スクランブル』 第22回 決意

『好き』のパワーは最強です。どんな絶望も吹っ飛ばしてくれます。『好き』の感情を大切にしてくださいね。 注意:自己流リハビリは危険行為です。絶対にマネはしないでくださいね。我ながら無茶をしたと、今では反省しております。

『病院スクランブル』 第12回 消沈

『接客業と営業の経験が助けてくれた』そんな体験を、何度もしています。「ありがとう」「ごめんなさい」が自然に言えるのも、2つの職業のおかげです。

『病院スクランブル』 第11回 身勝手

”事実は変えられないが、どう感じるかは選べる” 身勝手さも、そのひとつですね。

『病院スクランブル』 第10回 指摘

言いたくないけど、言わなければいけない。大事なことほど、言いにくい状況が多い。

『病院スクランブル』 第4回 卵

『卵は1日1個』あなたは、どこで聞きましたか?

『病院スクランブル』第3回 覚悟

副作用のある薬を飲むべきか、飲まざるべきか? それが問題だ。

『病院スクランブル』 第2回 変化

『病院スクランブル』第2回 精神科医の説明が前回とは違う!?!? そこには、厳しい現実があった。

『病院スクランブル』 第1回 衝撃

『病院スクランブル』第1回 記憶障害と多重人格を抱えた患者が、精神科医に言われた衝撃の発言とは?

『病院スクランブル』 はじめに

『病院スクランブル』はぜんそく、アレルギー、線維筋痛症、解離性障害の体験を語った話です。心や体の病がある人、誰かのサポートをしている人、健康でいたい人のお役に立てれば嬉しいです。