歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

『病院スクランブル』 第27回 専門家

第27回 専門家

f:id:yumi_11819:20190326094906j:plain



2019年3月1日 診療所

 

M先生との出会いを思い返していると

診療所に着いていた。

 

今日も受付で、2人のお姉さんが迎えてくれる。運がいいことに、待っている人はいなかった。すぐに診察室に呼ばれた。



「M先生、病院2件分の血液検査の結果と出された薬です」

「内臓の状態を、ぼろくそに言われました。精神科では食事療法に切り替えて3年、その中でもめったに見ないひどい結果だと言われちゃいました」

「あぁ、代謝機能が落ちているね」

 

報告をサラッと流し、書類の情報をPCに打ち込んでいく。顔には「予想通りの結果だ」と書いてあった。

 

さすが38年間も原因不明だった病気を、見つけてくれた先生だ。検査結果も予想の範囲内だったらしい。ひどい数値なのだが、動揺はかけらもない。

 

相変わらず、頼もしい先生である。

 

実はM先生に相談したのは、免疫内科だけではない。精神科も、歯科も「診察するなら、どこがいいですか?」とたずねて「いいんじゃないか」と言ってもらった病院に通っている。

 

何でも相談できる医師ほど、心強いものはない。どれだけ調べても、患者は外部の人間である。株でいうインサイダー情報は、手に入らない。



どの業界でも、関係者しか知らない情報は必ずある。それは、表には出てこない。だからこそ、信頼できる専門家は絶対に必要だ。

 

健康、法律、税金、PC

 

この4つを相談できる相手がいると、人生の落とし穴にはまる可能性はグンと低くなる。失敗は避けられなくても、破滅は避けられる。



M先生という素晴らしい医師に出会えた、なんという幸運だろう。いや、違う。M先生の診療所を紹介してくれた、Pちゃんと友人になれたことこそ、幸運だった。

 

Pちゃんは健康だけでなく、法律・税金・PCにも詳しい。あまりの多才ぶりに、尊敬せざるをえない。Pちゃんにできないのは、人付き合いだけである。

 

万能な人はいないんだな、とPちゃんを見るたびに安心してしまう。我ながら、ひどい友人である。

 

M先生の診察を受けながら、Pちゃんへのお詫びの品を用意しようと考えていた。

 

 

↓ ランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村