歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

映画『ハンターキラー 潜航せよ』に譲れない線を学ぶ

f:id:yumi_11819:20190418165300j:plain


 

映画『ハンターキラー 潜航せよ』に譲れない線を学ぶ

 

 


映画『ハンターキラー 潜航せよ』とは

 

アメリカの潜水艦乗りとロシアの潜水艦乗りが、権力者に翻弄される。だが、この話は潜水艦の話だけではない。シンクタンク、特殊部隊など多くの人間ドラマが繰り広げられる。

 

潜水艦物語の魅力

 

人間関係に尽きる。潜水艦乗りは逃げられない。狭い空間で、娯楽も少なく、食料も限られている。もめ事は起こって当たり前である。「からまった糸のような関係を、どのように登場人物がほどいていくか?」ここに魅力が詰まっている。

 

守るべきものとは

 

『ハンターキラー 潜行せよ』は決断の連続だった。多くの人の命がかかる場面が多く、厳しい選択を何度も押しつけられる。そんな中でも、米軍潜水艦の艦長ジョー・グラスは”譲れない線”を一歩も越えなかった。

 

オススメは


ちょっとした間や「クスッ」と笑う場面が、適度に心を休ませてくれた。戦争を扱う作品は、見続けるのがつらいパターンが数多くある。だが『ハンターキラー 潜航せよ』は、最後まで集中して楽しめた。



”決断””選択””勇気”

これらの単語に興味をひかれる人に
ぜひ観てほしい。


『戦争は、たったひとりの狂気でも起こる』

損得勘定だけではない、それも教えてくれた。

 

パズルのピースのごとく
今の時代にぴったり当てはまった作品だ。

 

gaga.ne.jp

 

ハンターキラー 潜航せよ〔上〕 (ハヤカワ文庫NV)

ハンターキラー 潜航せよ〔上〕 (ハヤカワ文庫NV)

 

 

 

↓ ランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村