歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

『病院スクランブル』 第59回 価値は物々交換

 

第59回 価値は物々交換

 

2019年3月7日 自宅

 

ネット小説を楽しんでいたら、12時を回っていた。やはり小説はいい。体力と精神力が、見事に回復した。しんどい時は寝るか、好きなものを満喫するかの二択である。

 

ちょうどいい時間だ。友人に読み比べた『心療内科に行く前に食事を変えなさい』『うつ消しご飯』の違いと共通点を伝える。

 

”『心療内科に行く前に食事を変えなさい』は実践派好み、『うつ消しご飯』は研究派好みで、鉄分とタンパク質が大事だという基本は、どちらも同じだったよ”

 

2時間後に、返事をもらった。

 

”基本が同じで、ホッとしました。ありがとう”

 

こちらこそ

知らない本を教えてくれて、ありがとう

 

私にとって、本はケーキのようなものである。知らなかった美味しいケーキ屋さんを、教えてもらった時のように嬉しい。似たような本でも、まったく問題がない。同じチョコケーキでもパティシエが違えば、見た目も

味も違うように、本も著者が違えば主張は同じでも視点が違う。同じ内容でも、違った視点で考えれば新たな発見がある。

 

好物の食べ比べを、しない人がいるだろうか?

 

私は喜んで、いつも読み比べの依頼を受ける。相手は時間が節約できて嬉しい、私は新しい本の情報が入って嬉しい。Win-Winの関係である。

 

頼まれごとすべてが、負担なわけではない。片方に負担がかる関係は、いずれ破綻する。自分も、相手も嬉しい状態にするのが、いい人間関係を長続きさせるコツである。それを見つける方法の第一歩は、自分をしる事である。自分の”好き・楽しい・得意”がわからなければ、何が負担になるかがわからない。

 

私にとって、それが文章である。文章が絡んでいる限り、幸せ気分だ。活字中毒者には、大好物のカタマリにしか見えない。

 

自分が幸せだと感じることで

相手に喜んでもらえる

 

これが必勝パターンである。ある意味、価値の物々交換である。それぞれ好きな分野が違うからこそ、Win-Winが成り立つ。好みが同じなら、取引が始まることすら無い。

 

人参と、人参を交換する人がいるだろうか?

 

人参と米、人参とりんごなど、違った物が欲しくて交換が始まる。価値の交換も同じだ。みんな提供できるものが違うからこそ、素晴らしいのだ。

 

 

 

心療内科に行く前に食事を変えなさい

心療内科に行く前に食事を変えなさい

 

 

 

うつ消しごはん―タンパク質と鉄をたっぷり摂れば心と体はみるみる軽くなる!

うつ消しごはん―タンパク質と鉄をたっぷり摂れば心と体はみるみる軽くなる!

 

 

新訂 孫子 (岩波文庫)

新訂 孫子 (岩波文庫)

 

 

 

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

  • 作者: スティーブン・R・コヴィー,フランクリン・コヴィー・ジャパン
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 2013/08/30
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログ (9件) を見る
 

 

 

 

↓ ランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村