歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

『病院スクランブル』 変化はモザイク

 

『病院スクランブル』 変化はモザイク

 

2019年3月11日 自宅

 

朝、トイレに入って驚いた。なんか赤いモノが付いている。あぁ、生理が始まったのか。いつもの生理痛が無かったから、まったく気づかなかった。しかも色が違う。いつもは黒っぽい赤だったのに、今回は指の傷口から出血したかのような、鮮やかな赤だ。

 

これは精神科医T先生のアドバイスと薬により、タンパク質と鉄分を多くとったのが効いたようだ。同時に怖いことにも、気づいてしまった。私は今まで、身体から鉄分を絞り出して、生理になっていたのか。赤血球が小さくなったのも納得である。以前の血の黒さは身体の悲鳴だったのだ。最初の頃から黒っぽかったので、まったく気づかなかった。T先生に感謝である。

 

自分の異常は、自分自身では気づきにくい。変化は急激に起こることはめったに無く、だいたいは緩やかに変わる。他人ですら、毎日会っていれば、気づきにくい。モザイクがかかったかのように、ぼんやりとしかみえない。

 

だからこそ、毎日の数値チェックが欠かせない。毎日、記入しているから変化がわかる。感覚だけでは、身体の大事なサインを見逃す。そして病院で定期的にチェックすれば、大きな病気も発見されやすい。早く見つかれば見つかるほど、完治の可能性は上がる。ガンも早期発見なら、助かることが多い。

 

体調管理に数値チェックは、必須である。数値チェックのない体調管理は、採点のないテストと同じである。私の体にタンパク質と鉄分が不足し過ぎていたのも、病院で調べたからわかった。自分だけでは、絶対に気づかなかった。

 

毎月2週間、生理痛でしんどかった。そのしんどさから、解放された。とても幸せだ。洗濯の手間など、かわいいものである。これからもタンパク質と鉄分を多めにとろうと、私は誓った。

 

 

薬に頼らずうつを治す方法

薬に頼らずうつを治す方法

 

 

↓ ランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村