歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

『病院スクランブル』 「大丈夫」は届いていた?

f:id:yumi_11819:20190524174147j:plain

 

『病院スクランブル』 「大丈夫」は届いていた?

 

2019年3月15日 自宅

 

母のことを思い出しながら、読んだお話にコメントを付けてツイッターで紹介した。しばらくして、お話を書いた方から、お礼と共にメッセージが届いた。

 

『子供の「大丈夫」に、きっと救われていましたよ』

 

メッセージをくださった方は以前、母について書いた記事を読んでいたらしい。私の気持ちを察し、傷つけないように気をつけながら、いくつも言葉を送ってくれた。

 

しばらく、涙が止まらなかった。

 

遠い昔のことで平気だと思っていたのに、深く後悔していたらしい。送られたメッセージを読んで、悲しいわけでもないのに泣いてしまった。けれども、心はじんわり温かかった。

 

少しでも、母が生きる助けになっていたのかな。

 

母が亡くなった今となっては、確かめるすべはない。それでも、胸のつかえがいくつか無くなった。

 

素晴らしいお話のお礼に、感想コメントを付けて紹介した。ただそれだけだったのに、サプライズプレゼントを貰った。このお礼は、どうすれば返せるのだろう。

 

羽のように軽くなった心で、「どうすれば喜んでもらえるかな?」と考えをぐるぐる回した。

 

<<2019年3月16日に続く>>

 

↓ ランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村