歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

『病院スクランブル』 直感の現れ方は、それぞれ

『病院スクランブル』 直感の現れ方は、それぞれ

 

2019年3月21日 コンビニ前

 

昼以降も、体調は崩れなかった。海外交流イベントに、参加できそうだ。だが絶好調ではないので、早めに家を出た。

 

イベント会場には、1時間前に到着した。正直、しんどい。嫌な予感が的中である。喫茶店に入って、受付10分前までのんびりすることにした。辺りを見回すと、コンビニが目に入った。なぜか目が離れない。こういう時は、直感が働いている時である。いつも通り、直感に従い店内に入った。店内をグルグル回ると、ミネラルウォーターのEvianが買いたくなった。Evianはカルシウム多めの水である。今日のイベントは、波乱確定である。

 

直感の現れ方は、人それぞれだ。音が鮮明になったり、ものが輝いてみえたり、背筋がゾクゾクしたり、いろいろである。そして、良い出来事の知らせもあれば、悪い知らせもある。普段とは違うものや場所が気になる場合は、直感スイッチがONのときだ。そして、直感スイッチはひとつではない。

 

私がEvianを飲みたくなる場合、それはイライラのお知らせである。3時間以内に、ストレスがたまるイベントが待っている。「イラッとする前に、カルシウムと水分を摂っておくといいよ」という、おつげである。これが外れたことは、これまで一度もない。心の準備が前もってできるので、とても重宝している。

 

なお直感は、ワンパターンではない。過去になかったシグナルが、現れる時もある。気づくか、気づかないかは日頃の訓練である。

 

カルシウムが減るほどのストレスイベントが来るなら、落ち着く飲み物を選ぶべきだろう。私は喫茶店で、カフェオレを注文した。

 

 

↓ ランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村