歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

『病院スクランブル』 当たり前もいろいろ

 

『病院スクランブル』 当たり前もいろいろ

 

2019年3月24日 自宅

 

遅い時間になってきた。もう少し作業が残っているのだが、「いい加減にしろ」と書いてある家族の目が怖い。そろそろ怒りの臨界点を超えそうなので、PCの電源を落とした。『相手の感情の限界を見極めて、動く』私にとっての”当たり前”だ。

 

”当たり前”という言葉は最近、良くない意味で使われることが多い。よくあるのが「当たり前だと思って、感謝の気持ちがない」というセリフだろう。私も家族に言われることがある。感謝の心があっても、伝わっていなければ、相手にとって悲しいだけだ。反省である。

 

そんな”当たり前”という言葉だが、悪いものばかりではない。自分の手の中にあるものや、大事な人たちがいるのが”当たり前”と思っているなら、問題しか無い。大抵の場合、失ってから後悔する。あまりにも多すぎるパターンだ。健康もこの中に含まれる。逆に『約束を守る』『挨拶をする』『感謝をする』などを実行するのが”当たり前”と感じているなら、人生にとってプラスである。自然とできるレベルなら、どこに行っても困らない。

 

”当たり前”は無意識レベルの感覚だ。これは環境で育まれる。どんな人と過ごし、どのような情報に触れているかで固まっていく。だからこそ付き合う人たちを選ばないと、人生は坂道を転がるどころか、ジェットコースターの勢いで落下する。登るのに時間はかかるが、降りるには時間がかからないのも一致している。人は楽と感じる側に、流れやすいようにできている。ポイントは”楽と感じる≠楽”な点である。楽そうな道を選んで苦難に陥るのは、物語の世界だけではない。

 

人は互いに、響きあって生きている。その人生への影響は、想像以上に強い。そして良い影響を与えたいグループにいたいなら、まず自分がいい音を出さないといけない。いい音は、言葉と行動で決まる。


<<2019年3月25日に続く>>

 

名言セラピー幕末スペシャル The Revolution!

名言セラピー幕末スペシャル The Revolution!

  • 作者: ひすいこたろう
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2010/12/11
  • メディア: 新書
  • 購入: 1人 クリック: 9回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

3秒でハッピーになる 名言セラピー
 

 

↓ ランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村