歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

『病院スクランブル』締め切りの威力

締め切りの威力

 

2019年4月9日 自宅

 

少し体調が戻ってきた。ヘロヘロがヘロ~ぐらいになっている。2、3日中には外出できそうだ。これで、なんとか締め切りに間に合う。

 

夏休みの宿題、仕事の報告書、遺産相続の期限、「決まった日時までに絶対にやらなければいけないこと」はある。熱があろうが、体中が痛かろうが時間は待ってくれない。特にお役所関係は1秒過ぎたらアウトだ。お金を貰う権利は消失、遅れた期間に応じて払う金額が増える。借金という遺産を相続してしまったら、大惨事だ。国とお金がからむ締め切りを破るのは、最もオススメしない。

 

そんな恐ろしい締め切りだが、良い点もある。締め切りという区切りがあると、脳が活性化することだ。遅刻しそうな時、いつもより長距離を走れる。テスト前に普段よりも暗記できる。1ヶ月かかっても完成しなかった作品が、3時間で作れる。これは『期限を決めると帳尻を合わせようとする』脳の仕組みの結果である。逆に言うと、締め切りが無ければ最高のパフォーマンスは発揮されない。

 

締め切りには、素晴らしい副賞がついてくる。締め切りを守る人は、信用されやすいのだ。期限前に毎回提出する人と、いつも期限ギリギリだったり遅れる人では信用されやすいのはどちらだろうか。

 

学校生活でたくさん休んでも、私は留年なしで卒業できた。宿題をきっちり提出していたのも、理由のひとつだろう。宿題は学校で終わらせるタイプだった。夏休みなどの長期の宿題は、始まる前に8割は終わらせていた。「宿題を気にせず遊びたい」という欲にまみれた計画性0の行いだった。なにが幸いするか、わからないのが人生である。

 

不真面目人間でも、信用されることは不可能ではない。

 

<<2019年4月10日に続く>>

 

〆切本

〆切本

  • 作者: 夏目漱石,江戸川乱歩,星新一,村上春樹,藤子不二雄?,野坂昭如など全90人
  • 出版社/メーカー: 左右社
  • 発売日: 2016/08/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (22件) を見る
 
〆切本2

〆切本2

  • 作者: 森鷗外,二葉亭四迷,武者小路実篤,北原白秋,石川啄木,芥川龍之介,横溝正史,小林多喜二,丸山眞男,水木しげる,山崎豊子,田辺聖子,赤塚不二夫,高橋留美子,穂村弘,福沢諭吉,源氏鶏太,山本有三,ドストエフスキー,夢野久作,石川淳,山本周五郎,太宰治,松本清張,梅棹忠夫,安岡章太郎,井上ひさし,宮尾登美子,向田邦子,川上弘美,リリーフランキー,川上未映子,町田康,萩原朔太郎,滝井孝作,深沢七郎,五味康祐,小川国夫,吉村昭,校條剛,團伊玖磨,河野多惠子,五木寛之,片岡義男,堀辰雄,椎名誠,平出隆,村山由佳,さくらももこ,神近市子,岡本かの子,今井邦子,宇野千代,中條百合子,美川きよ,平林たい子,子母澤寛,川端康成,バルザック,辻佐保子,辻邦生,田中小実昌,澁澤龍子,澁澤龍?,赤川次郎,中島らも,三浦しをん,野間宏,木下杢太郎,笹沢左保,筒井康隆,江口寿史,松尾豊,冲方丁,井上靖,室生朝子,室生犀星,大庭みな子,伊集院静,ハルノ宵子,タモリ,野坂昭如,堀道広
  • 出版社/メーカー: 左右社
  • 発売日: 2017/10/07
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (5件) を見る
 

 

↓ ランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村