歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

【病院スクランブル】チームは凸凹だからいい

 チームは凸凹だからいい

 

 2019年4月19日 焼き鳥屋

 

映画『キングダム』を観た興奮が冷めない。テンションの高さにヒイている友人を焼き鳥屋に引っ張り込んだ。そのまま1時間ほど、流れの早い川のように感想を話し続けた。メインキャラ3人がどれほど個性が尖っているか。尖った部分のぶつけ合いが絶妙だったか。そんな3人がパズルのごとくガッチリ協力し合った瞬間のカタルシスに、どれほど胸が震えたか。言葉が頭に浮かんで止まらなかった。申し訳ない。

 

一人ならば、総合力がある人が強い。だが、チームは違う。チームの各スキルは、RPGのように最も能力値の高いメンバーのスキルが基準になる。なんでも平均以上の勇者だけが複数いるチームは強くない。戦士、賢者、レンジャーなど弱点はあっても突出したスキルが有るメンバーをまとめる勇者がいるチームが強い。遊び人が賢者に化けるところも似ている。

 

映画『キングダム』の3人は総合力は低い。”信(しん)”は武力はあるが知力はない。”嬴政(えい せい)”はカリスマ性はあるが武力がない。”河了貂(かりょう てん)”は生活力があっても弱い。しかし3人が力を合わせた時、武力、カリスマ性、生活力のすべてが揃った。”昌文君(しょうぶんくん)”が3人いても、同じ成果は出せないだろう。

 

チームを作るときは欠点のない人を集めたくなる。だが平均点が高い人ばかりのチームは、予想外の成果は出せない。サッカーやバスケットボール、ラグビーのようにスペシャリストの集団こそが、興奮で眠れなくなるような結果を出す。問題を恐れてリスクを避けていては、少しの変化で終わってしまう。異種の組み合わせがない偉業などない。

 

スイカは塩で甘くなる。

 

キングダム ブルーレイ&DVDセット(通常版) [Blu-ray]

キングダム ブルーレイ&DVDセット(通常版) [Blu-ray]

 

 

↓ ランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村