歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】悲劇には美しさがいる

悲劇には美しさがいる

 

2019年9月10日 自宅

 

私はハッピーエンドが好きだ。だが、無性にバッドエンドを読みたくなることがある。別に悲劇を味わいたいわけじゃない。面白いと感じた話がたまたま悲劇的な結末だっただけだ。ガラス細工のように美しくも儚い世界に引き込まれてしまう。作者の文章力にただひれ伏す。そんな読書タイムだ。

 

悲劇は難しい。ハッピーエンドをほとんどの読者は望んでいる。それを裏切った場所に着地するのだ。よっぽど説得力がないと酷評されてしまう。登場人物、テーマ、描写力、すべてが高い水準でないと再び読まれることはない。

 

「死の悲しみを描きたい」

「災害のひどさを伝えたい」

「戦争の愚かさを訴えたい」

 

こういう悲劇を描くための作品は失敗作が多い。物語はニュースやノンフィクションとは違うものだ。読者に届けたいものが悲惨さではテーマが浅すぎる。もし悲惨さをテーマにするならば、「どんな場面の悲惨さを描くか?」と深堀りしないと共感がされにくい。

 

だいたい、悲劇というのは当たり前だ。親しい人が死んで悲しい。災害や戦争で絶望する。どこにも意外性がない。すべてが読者の予想通りな作品は面白くない。エンディングに意外性がないならば他で作る。

 

登場人物の隠された過去

幸せからの転落

伏線の回収

 

たとえば、先日読んだ『暗夜行路』は登場人物の生い立ちが予想外だった。なんのギャップもない悲劇で名作は存在しない。

 

もうひとつ、重要なポイントがある。悲劇は読後感が悪い。どうしても読んだ人のテンションは下がる。だからこそ、別のところで心を持ち上げる必要がある。

 

美しさ

 

ドログチャの悲劇が許されるのは昼ドラぐらいだ。バッドエンドで落ち込んだ心を癒せるほどに、人の心や景色の描写で美しさを表さないとバランスが悪い。言葉の使い方も含めて文章力が最も試されるのは悲劇だ。素晴らしい作品を読むたびに感じる。

 

おそらく悲劇を描けるようになれば、文章力は格段に上がるだろう。何度か挑戦はしているが、いつもハッピーエンドに持ち込んでしまう。自分の性格が邪魔をするとは無念だ。これもひとつの悲劇と言えるかもしれない。他者から見れば喜劇だったとしても。

 

悲しみは共感されやすいが

バッドエンドは否定されやすい。

 

悲劇の誕生 (中公クラシックス)

悲劇の誕生 (中公クラシックス)

  • 作者:ニーチェ
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2014/07/11
  • メディア: Kindle版
 

 

↓ ランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村