歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

『病院スクランブル』 代42回 酒宴

 

第42回 酒宴

 

2019年3月3日 自宅

 

2時間ほどでお暇するはずが、話が盛り上がり5時間も交流してしまった。おかげで身体はふらふらだ。だが、後悔はない。延長3時間の価値に比べれば、安いものだ。やはり普段、関わりのない分野の話は勉強になる。

 

軽くお酒を飲んだのも、今回はよかった。糖質制限中なので赤ワインを、グラス1杯飲んだ。それが神経を使いすぎる悪癖を抑えてくれたらしい。いつもより心がぐったりしていない。



適度なお酒は、交流の潤滑剤だ。同じものを飲む、という行為もお互いの中を深める効果を高めてくれる。お酒の席でビジネスが決まるのも、よく聞く話だ。

 

しかし交流が深まる以上に、失敗談が多いのがお酒の怖いところだ。私も意識が飛ぶほど飲んで後日、菓子折を持って勤め先と仲間に謝罪して回ったことが1度ある。その時は飲み過ぎで、急性アルコール中毒になり救急車で運ばれたのだ。人生でもTOP10に入る黒歴史である。

 

お酒を飲むと人間の本性が出やすい。猫かぶりが分厚い人は、ぜひ気をつけてほしい。ちなみに私の猫は、着ぐるみレベルである。なので、意識が飛び救急車で運ばれた時は焦った。恐る恐る聞いたら「ラブ&ピース」と言いながら、けらけら笑っていたらしい。ブラックな中身が漏れなかったことには安心したが、意味不明すぎる行動に頭を抱えた。それ以来、記憶がなくなるほど深酒はしなくなった。

 

母の家系が代々酒豪で、水の代わりに樽からお酒をひしゃくで飲んでいたそうだ。当然、私も弱くはない。けれども「お酒の失敗はしないぞ」と決めた日から、お酒が強くない人を装った。そして、失敗した。

 

「お酒は嗜(たしな)む程度です」

「強い人しか”嗜む”よいう言葉は使わない」

 

そんな言葉や行動で、お酒に強いのがばれた。痛恨のミスを何度も繰り返し、私は気づいた。

 

本当のことを言う

 

お酒に強い、という体質は一生変わらない。誤魔化そうとしても、酒好きにはバレる。だから「お酒は好きなんですが、ドクターストップなんですよ」と軽くかわすようになった。ほとんど飲まないのを、イベントではコップ1杯は付き合うようにした。

 

強く断ろうとすると押し切られるが、軽く避けると逃げられる。”ちょっとだけ付き合う”という方法に変えてから、変に絡まれることがなくなった。



20歳を過ぎると、お酒を飲む機会は必ず訪れる。いかに立ち回るかで、その後の付き合いは決まってしまう。

 

『自分が酔うとどうなるか?』

『どこまで飲んでも大丈夫か?』

 

これを知っているか、知っていないかの差はとても大きい。

 

 

 

 

↓ ランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村