歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

人間関係

『病院スクランブル』 騙しには、冷静さ

『熱狂は騙しのアイテム』ノリで判断すると、失敗します。直感と軽率は、まったく違います。直感は内側から、軽率は周りの影響です。盛り上がっているときほど、ご注意ください。お酒が入ると、更に危険度アップです。

『病院スクランブル』 話下手でも無問題

『聞くがはじまり』話すことに集中すると、しゃべりすぎて失敗します。朝礼で話が長くて辛い、と感じませんでしたか? 歓迎されるのは、聞く人です。

『病院スクランブル』 物語の力とは?

『近いからこそ、伝わらない』人生を変えるほどのきっかけは、だいたい関係が遠い所から得られます。『親密だからこそ、届かない』そんな場面は、あります。コミュニケーション力では、どうにもならない点です。

『病院スクランブル』 変化のきっかけは?

『あの手、この手』伝えたいことを話すのではなく、映画や本、漫画などの物語を通して伝えてみましょう。直接話すよりも、有効な場合もあります。言葉にすることだけが、心を伝える方法ではありません。

『病院スクランブル』 心配かけないは、自分のため

『隠し事は、ほどほどに』どうしても言えない場合は「言えません」と、伝えます。下手なごまかしは、良くない結果を呼び込みます。画像の本は、プロの隠し方の凄さを、面白く教えてくれた本です。本気で隠すなら、これぐらいの気合いが必要なんですね。

『病院スクランブル』 評判は、大福のもち

『人は見かけによらない』地位や肩書きが人を育てることもありますが、潰すことも、悪事の道具になることもあります。第一印象は、まずはずれません。評判ではなく、自分の直感を大事にしてくださいね。

『病院スクランブル』 異文化交流は、開けゴマ

『相手の立場になって考える』それが、人間関係の基本です。仲良くなりたいら、まずは相手を理解することからはじめましょう。映画『グリーンブック』は、水面に落とした石の波紋のように心に響いた作品でした。