歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

人間関係

『病院スクランブル』多数決禁止な場面

『危険を手懐ける』危険だからと避けてばかりいると、逆に危険が増えます。火が危ないからと生物ばかり食べて、食中毒になるようなもののです。「どんなものにもメリット・デメリットはある」の心構えでいた方が危険度は下がりますよ。

『病院スクランブル』多数決の運用法

『メディアリテラシー』土台となる知識と判断力がなければ、多くの情報に触れても騙されるだけです。個人で発信できる時代になりましたが、権力や財力が多い人の発言権が強いのは変わっていません。情報誘導の例は、古今東西の歴史書に読みきれないほどあり…

『病院スクランブル』信じられる人に出会うには?

『立場と信じられるかは別』人格と立場は全く関係ありません。「仲間だけで信用できない」「ライバルだけど信用できる」逆に言えば、状況が変わった程度で崩れる信用なんて、いつかは崩れる脆いものです。少なくとも、信頼はできません。

『病院スクランブル』人間不信も不要じゃない

『信じる前に見極める』皮肉なことに、信じる人ほど根深い不信に陥ります。不信の母は裏切りです。不信の世界は心が何も感じなくなり、生きている実感すら無くなります。そうなる前に、信じる対象を選んでください。できるなら「裏切られても良い」と思える…

『病院スクランブル』相手の期待を見抜く

『相手の腹の中をよむ』希望には優先順位があります。喜んでほしいなら、できるだけ順位の高い希望を叶えてください。100の努力で10位の願いを叶えるより、1の努力で1位の願を叶える方が感謝されます。自分目線と相手目線の切り替えをお忘れなく。

『病院スクランブル』他者への期待は、心には毒である

『期待はほどほどに』ほとんどの場合、期待は相手にとって荷物になります。ちょっとした量なら心の筋トレですが、重すぎればバラバラに壊れます。人によっては再起不能になります。応援の言葉にご注意くださいね。

『病院スクランブル』 専門家に隠し事をすべきか?

『隠し事は、首を絞める』誰にでも、なんでも話すのは問題です。ですが、まったく話さないのも同じくらい問題です。「どこまで話せばいいか?」を見極める経験を積んでくださいね。失敗しても、その経験が後に自分を助けてくれますよ。

『病院スクランブル』 「おかしい」、問題ない

『ヒラリとかわす』自分基準に当てはまらない人間を見下す。そんな人は、残念ながらたくさんいます。関わるとダークサイドに引きずり込まれます。さらりと避けましょう。

『病院スクランブル』 家族とも、相性がある

注意:内容が重めなので、凹んでいる人は読まないでください。 要約:家族でも、仲良くできない場合がある。離れるのも選択のひとつです。

『病院スクランブル』 大家さんとの付き合い方

『支払いは早めに』お金を気持ちよく渡す。たったこれだけで信頼されやすくなります。自身の支払い履歴が、データとして管理される時代です。払うべきものは、さっさと渡しましょう。金運アップにも効果的ですよ。

『病院スクランブル』 ドロドロ感情は、利用されやすい

『無意識で決めている』なにかを決断する場合、まずは無意識で候補を選んでいます。。いくつか候補が決まってから、論理が回り始めます。脳の仕組み上、無意識より先に論理は働きません。そして無意識を大きく左右しているのが、感情です。

『病院スクランブル』 幸せはバカップルに学べ

『幸せにルールなし』決まりきった約束などありません。幸せと感じたなら、それがすべてです。他人の幸せを参考にしてたどり着いた瞬間に「なんか違う」となるのは、これが原因です。幸せは、自分の中にあります。

『病院スクランブル』 ガラクタが宝石である

『思い出で、恨みを買う』捨てられない原因で最も手強いのは、思い出です。忘れたくない素敵な思い出付きの品は、なかなか手放せません。そして思い出は個人のもの、他者に理解しきれるものではありません。そして思い出が壊されれば、人は激怒し恨みます。…

『病院スクランブル』 ”和”=仲良く、ではない

『強引な和解は、不幸を呼ぶ』冷却期間が必要なのは、料理のときだけではありません。むしろ人間関係の方が、慎重に冷めているかどうか確かめる必要があります。見えない争いほど、恐ろしいものはありません。

『病院スクランブル』 憎しみは、ウイルス

『加害者は忘れても、被害者は忘れられない』心に負った深い傷は、無くなりません。血が止まったとしても、傷口が膿むこともあれば、古傷が傷むこともあります。傷ついた側が一生、背負う荷物です。周囲の善意が被害者を追い詰める、そんなすれ違いも少なく…

『病院スクランブル』 映画『運び屋』に憎しみの種をみる

『トラブルの火種は小さい』火種に”すれ違い”の油が注がれることで、トラブルが拡大します。自分の利を増やす為に”すれ違い”を煽る人もいます。日頃の交流が真ならば、火種に水をかけてくれます。はじまりは、どれも小さいものですよ。

『病院スクランブル』 当たり前もいろいろ

『つき合う人を選ぶ』個人的に避ける人TOP3 第3位『自分と違う考えは、すべて否定する』第2位『自身の損得しか興味がない』第1位『感謝の気持ちがない』

『病院スクランブル』 鈍感も、素晴らしい

『世間の評価は、当てにならない』人間性と地位、名誉はまったく関係ありません。評判が悪くても素晴らしい人もいれば、逆もあります。これは能力も同じです。良いと言われない能力も、利点はたくさんあります。『鈍感』もそのひとつです。

『病院スクランブル』 騙しには、冷静さ

『熱狂は騙しのアイテム』ノリで判断すると、失敗します。直感と軽率は、まったく違います。直感は内側から、軽率は周りの影響です。盛り上がっているときほど、ご注意ください。お酒が入ると、更に危険度アップです。

『病院スクランブル』 話下手でも無問題

『聞くがはじまり』話すことに集中すると、しゃべりすぎて失敗します。朝礼で話が長くて辛い、と感じませんでしたか? 歓迎されるのは、聞く人です。

『病院スクランブル』 物語の力とは?

『近いからこそ、伝わらない』人生を変えるほどのきっかけは、だいたい関係が遠い所から得られます。『親密だからこそ、届かない』そんな場面は、あります。コミュニケーション力では、どうにもならない点です。

『病院スクランブル』 変化のきっかけは?

『あの手、この手』伝えたいことを話すのではなく、映画や本、漫画などの物語を通して伝えてみましょう。直接話すよりも、有効な場合もあります。言葉にすることだけが、心を伝える方法ではありません。

『病院スクランブル』 心配かけないは、自分のため

『隠し事は、ほどほどに』どうしても言えない場合は「言えません」と、伝えます。下手なごまかしは、良くない結果を呼び込みます。画像の本は、プロの隠し方の凄さを、面白く教えてくれた本です。本気で隠すなら、これぐらいの気合いが必要なんですね。

『病院スクランブル』 評判は、大福のもち

『人は見かけによらない』地位や肩書きが人を育てることもありますが、潰すことも、悪事の道具になることもあります。第一印象は、まずはずれません。評判ではなく、自分の直感を大事にしてくださいね。

『病院スクランブル』 異文化交流は、開けゴマ

『相手の立場になって考える』それが、人間関係の基本です。仲良くなりたいら、まずは相手を理解することからはじめましょう。映画『グリーンブック』は、水面に落とした石の波紋のように心に響いた作品でした。