歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

生き方

【病院スクランブル】コメント耐性に幸福度が現れる

『ネガティブもいる』ブレーキのない車に乗りたいと思いますか?

【病院スクランブル】なぜフォロワーさんは残ってくれたのか?

『予測は外れる』予測は、あくまで仮説です。正解にたどり着く手段でしかありませんよ?

【病院スクランブル】長期戦の目標はハイキング方式

『投資は少なめ、期日は早め』”使えるモノは60%で想定””終了日は前倒しする”逆にすると、挫折率90%超えですよ。

【病院スクランブル】心身の不自由はリカバーできるのか?

『諦める』なにを諦め、なにを諦めないか? 大事なのは見極めですよ。

【病院スクランブル】一ヶ月を無事に過ごすコツ

『予定作りに王道なし』 予想外に、どう対処するか? トラブルを計算しない予定表は 落書きと変わりません。

【病院スクランブル】弱くても、なんとかなる

『なにを数えますか?』ないものを数えるか、あるものを数えるか。その違いが、すべてを変えます。

【病院スクランブル】不調に慣れるな

『習慣≠慣れ』慣れは人生転落の始まりです。

【病院スクランブル】断らないと命が削られますよ?

『人生の主導権を握る』 断れない害悪は 人生を壊しますよ?

【病院スクランブル】そのミスは警報かもしれない

『ミスはチェッカー』どんな小さなミスも、偶然には起こりません。

【病院スクランブル】パチンコと免停の共通点

『忠告は無駄』まず、止めません。言って止まるなら、アルコール中毒やギャンブル中毒なんて言葉は生まれていませんよ。

【病院スクランブル】名前は記号に過ぎない

『名はシンボル』ホンダ=バイクのように、名前にはイメージを定着させる効果があります。良い、悪いの垣根はありません。

【病院スクランブル】見直しは終わらない

『過去作という弾丸』自分が過去に作ったものを眼にする、大ダメージをです。どこがダメかはっきりわかるのは、成長した証、されど痛みは避けられません。

【病院スクランブル】「できない。さて、どうしようか?」

『頭を使う』心身が健康じゃないと、どうしても我慢の連続になります。けれども、悪いことばかりじゃありません。

【病院スクランブル】上手な失敗は、自転車に学べ

『失敗ナシは恐ろしい』社会に出て、つくづく実感しました。「失敗経験のない人は心が折れやすい」一度の失敗で諦める人も、どん底に落ちたまま飲まれた人もいました。心の強さは失敗で磨かれます。

【病院スクランブル】失敗のない成功は、堀のない城である

『失敗は成功のもと、だが』失敗した時に「なぜこうなった?」と考える。これが知識や知恵に変わります。逆に言えば、考えなければ失敗したという記録だけで終わります。成長率は限りなく0%です。ご注意ください。

【病院スクランブル】平成を振り返る

『平成は、問題洗い出しの時代』なにを信じていいかわからない、それまでの常識が崩れ去ったのが平成でした。令和は新たな価値を築く時代のでしょうね。途中の波乱はすごそうですが。

【病院スクランブル】薩摩義士(さつまぎし)に苦難への心構えを教わった

『政治は難しい』今回の文章を読んで徳川幕府のイメージが悪くなった人、落ち着いてください。「各藩の力を抑えたからこそ、平和が200年以上も続いた」とも言えます。正義の反対は、別の正義ですよ。

【病院スクランブル】心の遊び場に飛び込め

『肩書きはアクセサリー』学歴や地位、財産の多さは飾りに過ぎません。飾りの重さに潰される。胸が痛む結果を迎える人もいます。飾りを外しても変わらない。心が安らぐ場所を見つけてくださいね。

【病院スクランブル】どんな学歴もカードになる

『学歴は通過点』生涯学習時代の目で見れば、学歴はチェックポイントです。素直に学ぶ心があれば、なにも問題はありません。

【病院スクランブル】努力は夢の素材である

『夢の素材集め』賢者になりたいのに、斧を振る人がいます。賢者になりたいなら、本を読んでください。たとえ斧で国一番の腕前になっても、賢者にはなれません。目的地と方向のチェックをお忘れなく。

【病院スクランブル】調子ノリは墜落の一歩手前

『人は弱い』人間は、他の動物と違って毛皮も牙も有りません。個としては弱い存在です。その弱い存在が繁栄しているのは、他者と協力し合った結果です。現代でも、その事実は変わりませんよ。

『病院スクランブル』冷静さを忘れる時

『無感動は死への片道切符』感情が凍っていた頃は、毎日が消化試合でした。時計の歯車のように、周りの歯車の回転を邪魔しないように動くだけの生活です。死にそうになろうが、食事が何日抜けようが苦しさをあまり感じなかったのが救いでしたね。痛みがない…

『病院スクランブル』冷静さの獲得法

『冷たいだけでも、生きられない』感情が熱すぎると、自分も周りも燃やし尽くします。けれでも冷たすぎては凍えてしまいます。お風呂の温度と同じく、自分にとっての適温を見つけるのが生き抜くコツです。

『病院スクランブル』冷静さというメガネ拭き

『パニックは状況を悪化させる』トラブル時に、最も保つべきなのは判断力です。災害時は判断ミスは、死に直結します。「若いうちの苦労は買ってでもしろ」との言葉は、冷静さの鍛え方を教えてくれています。普段は冷静でも、危機にパニックの人は頼りになり…

『病院スクランブル』急速充電は、人間の体でも悪影響

『疲れは急には無くならない』使うのはすぐなのに、なかなか貯まらないのが体力です。お金と似ていますが、即回復の手段がないのが大きな違いです。疲れきる前に休むのが、体力維持のコツです。

『病院スクランブル』苦も首を絞める

『我慢もほどほど』楽ばっかりと同じくらい、苦ばっかりも問題です。効率化は言い換えれば「しんどい作業を楽にすること」です。過ぎる我慢は毒にしかなりません。美味しい肉じゃがは、甘みと塩加減のバランスが抜群ですよ。苦楽もバランスです。

『病院スクランブル』楽は首を絞める

『楽は先送り』楽だけの生活は、借金だけで生活するのと同じです。いずれ膨れ上がった負債を、人生が回収にきます。人生が破産する前に、自ら動いてくださいね。

『病院スクランブル』 未来は霧

『望む未来を引き寄せる』夢が叶うまでの道のりは、曲がりくねっています。「今日の夕飯はハンバーグ」の近い未来すら、変わる時は変わります。予定通りにはいかない、と覚悟しておくのが夢を叶えるコツです。

『病院スクランブル』 焦り解消法は、時間で違う

『いかに冷静さを取り戻すか?』記事では考え方を紹介しましたが、動作のパターンもあります。深呼吸、手をひらく、散歩する、短時間バージョンでも無数にあります。心が落ち着きを取り戻すなら、なんでもOKです。自分にとってベストの手段を見つけてくださ…

『病院スクランブル』 焦りは、足元の石である  

『焦りをコントロール』焦りは、ストレスと疲労を倍増させます。多少の焦りは目標への推進剤です。しかし、焦りに飲まれてしまえば判断力すら失います。焦りをコントロールするのも、成功のコツです。