歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

生き方

『病院スクランブル』 イライラ分析

『イライラは学びポイント』イラッを無視せず「なんでムカついたか?」をじっくり考えると、いくつかの気づきが得られます。”快”は個人差が大きいですが、”不快”は共感されやすいポイントです。コミュニケーション能力向上の助けですよ。

『病院スクランブル』 イベント進行を観察せよ

『行動は嘘がつけない』言ってることが、ホントかウソかを見分けるコツは行動です。ある程度観察してれば、いい点も悪い点も浮かび上がります。役者より演技力が高くても、行動に現れます。

『病院スクランブル』 直感の現れ方は、それぞれ

『直感シグナル』直感に決まりはありません。「なんとなく、気になる」そんな時に、行動を続けるだけです。経験を積み上げることで、直感が磨かれます。

『病院スクランブル』 イベントは、自分で作れ

『小さな非日常を』イベントは大きくしようとすると、お金や時間がたくさんかかります。とても頻繁には起こせません。普段はちょっとした楽しみ、たまに旅行や記念日などで派手にする。大きい、小さいイベントの使い分けがポイントです。

『病院スクランブル』 疲れを軽くする方法

『疲れない』病気になる前、未病のうちに対処するのが大事なように、疲れる前に防ぐ方が大切です。ストレスと疲れは、セットです。疲れが少なければ、ストレスも軽くすみます。

『病院スクランブル』 疲れは、心>頭>体

『疲れるのは、体だけじゃない』むしろ心と頭の疲れの方が、病気の原因になります。1週間単位で、疲れを癒やす仕組みを作っておくと、健康維持の助けになります。

『病院スクランブル』 子どもの問題は?

『どうすれば、事件が減るか?』大事なのは、食事と逃げ場所です。特に成長期の栄養不足は、健康な体で生まれたとしても、身体に悪影響が残ります。追い詰められれば、絶望します。心身の貧困は犯罪の母です。ローマ人は”パンとサーカス” と例えました。

『病院スクランブル』 過去に囚われないためには?

『楽しい時間』毎日の生活が、すべてです。生きるのが楽しいと思える時間が少しでもあれば、最悪の展開は避けられます。

『病院スクランブル』 強い自分になるには?

『自立』弱いままでは、人生は他人任せです。周りにいる人で、幸・不幸が決まってしまいます。自分を助けるのは、まず自分です。そして、助けてくれた人はずっと恩人です。

『病院スクランブル』 どん底から脱出するには?

『逃げること』命が大事なら、逃げることも時には必要です。ひどい家庭や職場や学校などで、我慢しても報われません。傷つける側が変わる期待は、するだけ無駄です。命を奪っている、自覚がありませんからね。

『病院スクランブル』 変更してもいいんですか?

『なぜ行動しようと思ったか?』これがズレると、すべてがズレます。目標は毎日、見直すことをおすすめします。画像は、寝間着が着物なので選びました。ゴムなどの締め付けがないので、身体が楽ですよ。バスローブもいいですね。

『病院スクランブル』 本当にだめなのか?

『あきらめる』『あきらめない』いちばん大事なのは、どちらがいいかを判断する知恵でしょうね。画像は「あきらめたらそこで試合終了ですよ…?」の名言がでた巻です。8巻にも似たセリフがありますが、そちらは「~試合終了だよ」と最後が違います。

『病院スクランブル』 情報の目利きは、投資で決まる

『タダより高いものはない』 無料の落とし穴は、時間がかかることです。オンラインゲームの有料アイテムと同じく、お金は手間を省き、時間を節約してくれます。画像の作品は、甘い誘惑の恐ろしさを教えてくれる作品です。アニメの主題歌は、今でも聴きます。

『病院スクランブル』 フォローはどうする?

『うまくいかない時にどう動くか?』いつも最高のパフォーマンスなら、考える必要はありません。ですが、そんな人はめったにいません。なので日頃から、調子が悪くてもこなせる仕組みを作っておくと、落ち着いて対応できます。焦らなければ、意外となんとか…

『病院スクランブル』 イレギュラーはどうする?

『予備プラン』この考え方を、画像の書籍に教わりました。ジェフリー・アーチャー氏の作品に教わった教訓は、数え切れないほどあります。この本に出会うきっかけをくれた、いじめっ子には感謝しております。個人的信条:どんな相手の言葉でも、いいものはいい

『病院スクランブル』 フラフラな時はどうする?

『諦めるは、明らかにみる』1日にできることは、限られています。出来ないことを気にしても、ストレスがたまってしんどいだけです。効率化が、悪い結果を生むことだってあります。今の自分が出来ることに集中する、成果を上げるコツです。

『病院スクランブル』 予定も、目標も、適当に

『水のように生きる』焦っても、現実は変わりません。「調整すればいい」ぐらいの気楽さが、心と体の健康にするポイントです。画像は、『禅』の考え方を温かい言葉で伝えてくれる本です。

『病院スクランブル』 プレゼントは、ご飯のように

楽しければ、OKです。大事なのは「あなたが他の死と感じるかどうか」だけです。ちなみにプレゼントは、自分も相手も含めて、こまめに小さな贈り物を渡すのがポイントです。大きな贈り物は、勝負の時だけです。

『病院スクランブル』 好きな色は、お助けアイテム

「おだやかな心」これが線維筋痛症にも、効果的です。焦ったり、落ちこむと悪化します(実話)。ゆったり過ごすコツを日々、考えて試しています。

『病院スクランブル』 「いい人生は、長さじゃない」と高校野球の選手に教えられた

『人生をどう生きるか?』を教えてくださった志摩(しま)選手と、その話をしてくださった方に感謝の言葉しかありません。ありがとうございます。

『病院スクランブル』 やりすぎの試しは、赤疲労

どんなことでも、やり過ぎは禁物です。特に健康と命にかかわることは、ご注意ください。画像の本は、お試しの考え方を教えてもらった本です。読みにくい方は、漫画版をお勧めします。

『病院スクランブル』 お試し道は、成功の道

お試しは、成長の元です。退屈は、人の精神を疲れさせます。お試しは、退屈を防いでくれる効果もあります。画像は、私が助けてもらっているサプリです。貝由来は数が少なくて、探すのに手こずった記憶があります。

『病院スクランブル』 やることは無限大

バカボンのパパの決め台詞「これでいのだ」、それでいいんです。なんでも完璧にしようとすると、続きません。継続の力を使いたいなら、無理は禁物ですよ。

『病院スクランブル』 第62話 私は馬

「いかに早く、作業を完了するか?」これが、自由な時間を確保するコツです。どれだけ作業を削っても、削った作業ぶん時間を使ったら、何も変わりません。作業を減らす、効率を上げる、この2つはセットです。

『病院スクランブル』 第61回 記録はRPGだ

令和元年、初日です。新しいことをはじめる、最高のタイミングです。『記録』を味方につけて、ぜひ習慣にしてください。きちんと継続が、達成のポイントです。

『病院スクランブル』 第60回 「好き」はエーテル

「好き」の気持ちを大切に、この感情さえ残っていれば、なんとかなります。わからない時は、いろいろ試すのみです。自分に正直がポイント、周りの評価はスルーが吉です。

『病院スクランブル』 第56回 自分との約束

『自分との約束』これができれば、なんとかなります。できないから、誰もが悩みます。コツは”できなかった自分を許す”そして”小さな約束からはじめる”ことです。約束を守るクセをつける、それがポイントです。

『病院スクランブル』 第56回 無意識の暴力

無意識の思いこみ、これほど恐ろしいものはありません。『アンコンシャス・バイアス』とも言います。防ぐ方法は唯一つ「これは思いこみではないか?」「誰かを傷つけてはいないか?」と自分に問いかけるだけです。当たり前を疑うのは、難しいものです。

『病院スクランブル』 第55回 嬉しくも寂しい

当たり前なものは、この世に存在しません。普段の生活は支えがあってこそ、平凡に暮らせています。なんでもない普通の1日は、最高の1日でもあります。

『病院スクランブル』 第54回 喫茶店はお得

情報収取は「どれだけ自分の思い込みを取り除けるか?」が勝負です。情報を疑うことは、大事です。ですが自分自身の思考をみつめ直すのは、もっと大事です。情報の食わず嫌いに、ご注意くださいね。