歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

生き方

『病院スクランブル』冷静さを忘れる時

『無感動は死への片道切符』感情が凍っていた頃は、毎日が消化試合でした。時計の歯車のように、周りの歯車の回転を邪魔しないように動くだけの生活です。死にそうになろうが、食事が何日抜けようが苦しさをあまり感じなかったのが救いでしたね。痛みがない…

『病院スクランブル』冷静さの獲得法

『冷たいだけでも、生きられない』感情が熱すぎると、自分も周りも燃やし尽くします。けれでも冷たすぎては凍えてしまいます。お風呂の温度と同じく、自分にとっての適温を見つけるのが生き抜くコツです。

『病院スクランブル』冷静さというメガネ拭き

『パニックは状況を悪化させる』トラブル時に、最も保つべきなのは判断力です。災害時は判断ミスは、死に直結します。「若いうちの苦労は買ってでもしろ」との言葉は、冷静さの鍛え方を教えてくれています。普段は冷静でも、危機にパニックの人は頼りになり…

『病院スクランブル』急速充電は、人間の体でも悪影響

『疲れは急には無くならない』使うのはすぐなのに、なかなか貯まらないのが体力です。お金と似ていますが、即回復の手段がないのが大きな違いです。疲れきる前に休むのが、体力維持のコツです。

『病院スクランブル』苦も首を絞める

『我慢もほどほど』楽ばっかりと同じくらい、苦ばっかりも問題です。効率化は言い換えれば「しんどい作業を楽にすること」です。過ぎる我慢は毒にしかなりません。美味しい肉じゃがは、甘みと塩加減のバランスが抜群ですよ。苦楽もバランスです。

『病院スクランブル』楽は首を絞める

『楽は先送り』楽だけの生活は、借金だけで生活するのと同じです。いずれ膨れ上がった負債を、人生が回収にきます。人生が破産する前に、自ら動いてくださいね。

『病院スクランブル』 未来は霧

『望む未来を引き寄せる』夢が叶うまでの道のりは、曲がりくねっています。「今日の夕飯はハンバーグ」の近い未来すら、変わる時は変わります。予定通りにはいかない、と覚悟しておくのが夢を叶えるコツです。

『病院スクランブル』 焦り解消法は、時間で違う

『いかに冷静さを取り戻すか?』記事では考え方を紹介しましたが、動作のパターンもあります。深呼吸、手をひらく、散歩する、短時間バージョンでも無数にあります。心が落ち着きを取り戻すなら、なんでもOKです。自分にとってベストの手段を見つけてくださ…

『病院スクランブル』 焦りは、足元の石である  

『焦りをコントロール』焦りは、ストレスと疲労を倍増させます。多少の焦りは目標への推進剤です。しかし、焦りに飲まれてしまえば判断力すら失います。焦りをコントロールするのも、成功のコツです。

『病院スクランブル』 保険は必要なのか?

『保険もほどほどに』保険料は多すぎず、少なすぎずがポイントです。多すぎれば自由に使えるお金が減り、学びの機会が減ります。少なすぎるとトラブルに飲み込まれます。加入前にしっかり検討してくださいね。

『病院スクランブル』 運はビリヤード玉だ

『運に左右される』勝負は時の運、というように実力だけで物事は決まりません。ちょっとしたタイミングの違いでうまくいったり、ダメだったりします。多くの人を観察してきましたが、10年単位で運がいい人は皆さん人格が素晴らしい人でした。

『病院スクランブル』 今だけは滝に落ちる

『いかに続けるシステムを作るか?』どれだけすばらしい行動も、継続できなければ結果につながりません。特に信用は、一つずつ積み上げるものです。焦りは、逆に信用残高のマイナスを呼びます。ご注意くださいね。

『病院スクランブル』整理整頓とお金管理はそっくり

『原則はひとつ』まったく違う分野でも、大事なところはすべて似ています。超一流の人たちが、他業種の超一流と話がピッタリ一致する理由です。登山と同じく、どの道をたどっても頂上は一か所です。

『病院スクランブル』それでも、片づけたい

『心と行動はつながっている』まったく予想をつかない行動をしてしまう時、それは無意識の仕業です。どれだけ見ないふりしても、本心は偽れません。無性に片づけがしたくなる時は、心が荒れ狂っていますよ。

『病院スクランブル』散らかっていても、いいじゃない

『居心地がいいのが一番』自分が長く過ごす空間です。どれだけステキな部屋でも、ホッとする部屋には敵いません。家の中でまで、ピリピリしているとツラいですよ。自分が心地よい部屋にしてくださいね。

『病院スクランブル』 学生時代の経験は、いつでも

『何歳でも、かまわない』夢を叶えるのに、遅すぎることはありません。そしてどんな夢かは、個人の自由です。バカにされる苦痛よりも、「やっておけば」の後悔の方が重くのしかかります。そしてチャンスは、頻繁には来ません。

『病院スクランブル』 好きが嫌いになる瞬間

『好きは永遠か?』これは本人の個性でも変わります。好きが移り変わるタイプもいれば、一度好きになったものはずっと好きタイプもいます。ただ何年も長時間続けようとすると、難易度が一気に上がります。身近な例だと、恋愛と結婚の違いですね。

『病院スクランブル』 精神安定剤は、薬だけではない

『好きがあると、強い』凹んだ時に元気になれる曲、楽しむだけで気が晴れる趣味、同じ時間を過ごすだけで心が穏やかになる人、何だって構いません。「好き」と心から思える対象があれば、乱れた心を自分で整えられます。心が荒れ模様だと、しんどいままです。

『病院スクランブル』 治療法がなくても、意味がある

『わからないが、最も厄介』形のない不安は、いつまでも無くなりません。消す方法はただひとつ、不安の元を見つけるのみです。私は抱えている不安を、よく手書きします。文字でも絵でも動画でも、なんでもいいので形にすると不安は薄れていきますよ。

『病院スクランブル』 丸投げしたい、できるものなら

『ひと任せが、最も危険』トラブル中に「知らなかった」は、通用しません。痛い目にあいたくないなら、勉強は必須です。ただし、感性も磨いてください。騙されやすいのは『知らない人<知ったつもりの人』防いでくれるのが、直感です。

『病院スクランブル』 憎しみは、はれる?

『運命の不思議』立ち直れるかどうかは、出会いで決まります。ステキな出会いに”気づけるか、どうか”が大事なんでしょうね。追記:『スレイヤーズ』の新作制作決定に歓喜しました。『スレイヤーズ』の曲は今でも聴く、というより脳内を勝手に流れます。NEXT…

『病院スクランブル』 憎しみは、ウイルス

『加害者は忘れても、被害者は忘れられない』心に負った深い傷は、無くなりません。血が止まったとしても、傷口が膿むこともあれば、古傷が傷むこともあります。傷ついた側が一生、背負う荷物です。周囲の善意が被害者を追い詰める、そんなすれ違いも少なく…

『病院スクランブル』 ルイトモ、シュアカ

『実体験で、書いてない』精神病の文章を読むと、「本の知識だけで書いたな」と気づくことがあります。あくまで本人の心を優先してくださいね。

『病院スクランブル』 なにもしないが、最も頭を使う

『意識は一部にすぎない』脳は寝ている間も、ぼ~っとしている時も、心臓のように働いています。脳の仕組みを理解できれば、多少の不利はひっくり返せます。

『病院スクランブル』 イライラ分析

『イライラは学びポイント』イラッを無視せず「なんでムカついたか?」をじっくり考えると、いくつかの気づきが得られます。”快”は個人差が大きいですが、”不快”は共感されやすいポイントです。コミュニケーション能力向上の助けですよ。

『病院スクランブル』 イベント進行を観察せよ

『行動は嘘がつけない』言ってることが、ホントかウソかを見分けるコツは行動です。ある程度観察してれば、いい点も悪い点も浮かび上がります。役者より演技力が高くても、行動に現れます。

『病院スクランブル』 直感の現れ方は、それぞれ

『直感シグナル』直感に決まりはありません。「なんとなく、気になる」そんな時に、行動を続けるだけです。経験を積み上げることで、直感が磨かれます。

『病院スクランブル』 イベントは、自分で作れ

『小さな非日常を』イベントは大きくしようとすると、お金や時間がたくさんかかります。とても頻繁には起こせません。普段はちょっとした楽しみ、たまに旅行や記念日などで派手にする。大きい、小さいイベントの使い分けがポイントです。

『病院スクランブル』 疲れを軽くする方法

『疲れない』病気になる前、未病のうちに対処するのが大事なように、疲れる前に防ぐ方が大切です。ストレスと疲れは、セットです。疲れが少なければ、ストレスも軽くすみます。

『病院スクランブル』 疲れは、心>頭>体

『疲れるのは、体だけじゃない』むしろ心と頭の疲れの方が、病気の原因になります。1週間単位で、疲れを癒やす仕組みを作っておくと、健康維持の助けになります。