歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったりと、みんなで』

映画

【歩くリトマス試験紙の反応記録】映画館の終わりを映画『テッド・バンディ』で見送る

『どう終わるか?』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】映画『バッドボーイズ フォー・ライフ』に予想外への対処法を学ぶ

『誰かがいる強み』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】映画『カイジ ファイナルゲーム』に非常識を学ぶ

『狂っているのはどっち?』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】映画『マレフィセント2』に脅えの恐ろしさを学ぶ

『何に脅えていますか?』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】映画『ルパン三世 THE FIRST』に愛は隠せないことをしる

『愛は映し出される』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】映画『シティハンター』(フランス版)は愛しかなかった

『好きは最強だ』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】映画『アナと雪の女王2』に許しの難しさを学ぶ

『許せるかは、本人にもわからない』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】映画『地獄少女』に、流行はオムライスだと学ぶ

『流行は時代そのもの』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】映画『ジェミニマン』に個性を学ぶ

『インパクト勝負』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】映画『真実』に人の危うさを学ぶ

『危うさの魔力』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】映画『ヘルボーイ』は、はぐれ者に元気をくれる

『はぐれ者の生き様』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】映画『人間失格』に創作者の業をみる

『創作者の残酷さ』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】映画『記憶にございません!』にユーモアの本質を学ぶ

『喜劇と悲劇の違いは?』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】映画『ロケットマン』に専門家の弱さをみる

『専門家ほど危ない』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】映画『トルーキン 旅のはじまり』は創作の教科書

『熱意なき創作はない』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】映画『引っ越し大名!』に組織改革を学ぶ

『改革はきれい事じゃない』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】映画『アルキメデスの大戦』に苦難への挑み方を学ぶ

『逃げたくても、逃げられない』『なら、どうする?』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】映画『ワイルド・スピード”スーパー・コンボ”』はスレ違いが多すぎる

一言感想『素直に話し合おう』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】映画『東京喰種”S”』は空回りがいい

『自分の好み≠相手の好み』

【歩くリトマス試験紙の反応記録】映画『Diner』に基準の難しさをみる

『空気を簡単にはよめない』

【病院スクランブル】映画『アラジン』に人の弱さと強さをみる

『それでいいの?』

【病院スクランブル】映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』に世の不思議をみる

『面白さは最高のスピーカー』

【病院スクランブル】『アベンジャーズ エンドゲーム』は正しいを問いかけている

『物語が好きだ』本もゲームも好きですが、映画も大好きです。ゴタゴタしていますが、アベンジャーズの新作も楽しみにしています。次も笑いと涙をくれると信じておりますよ。

【病院スクランブル】凸凹だけはチーム霧散

『支援タイプは地味』周りをフォローする人は、チームに不可欠です。しかし評価されにくく、最も去りやすい人でもあります。調整役がいなくなった結果は、組織崩壊の危機です。数字がすべてではないと、証明するような存在ですね。

【病院スクランブル】チームは凸凹だからいい

『平均点チームは、結果も平均点』スペシャリストのいないチームは、平凡な結果しか出せません。けれども、なんでも平均以上のゼネラリストがいないと空中分解するのがチーム作りの難しい所です。

【病院スクランブル】映画『キングダム』はチーム戦

『人間の根本は変わらない』名作と言われる作品は、表現方法や時代に関係なく共通点が多くあります。人の心に響くポイントが不変だからでしょうね。

【病院スクランブル】感謝される部下とは?

『離れるも、近づくも同じ』相手のステータスを見抜き対処する、これは避けたい時も仲良くなりたい時も同じです。会社組織を例に上げましたが、どの人間関係でも基本は同じです。

【病院スクランブル】面倒なリーダーとの付き合い方

『相手に選択させる』主導権を取られていると感じて、嬉しい人はいません。「自分で選んだ」と思わせるのが、人を動かすコツです。

【病院スクランブル】映画『ハンターキラー』は因果応報の教科書だった

『リーダーは、やっぱり大事』お神輿は軽い方がいい、なんて言葉もありますがリーダーは最重要な立場です。リーダーが柔軟さも判断力も決断力もないと、組織は崩壊します。映画『ハンターキラー』は、リーダーの資質を教えてくれました。

『病院スクランブル』多数決禁止な場面

『危険を手懐ける』危険だからと避けてばかりいると、逆に危険が増えます。火が危ないからと生物ばかり食べて、食中毒になるようなもののです。「どんなものにもメリット・デメリットはある」の心構えでいた方が危険度は下がりますよ。