歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

伝え方

【病院スクランブル】フォロワーさんは一人では増えない

『ありがとうございます』読んでくださる皆様のおかげで続いております。毎日投稿以外は安定性が欠片もありません。そんなヘロヘロした人間ですが、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

【病院スクランブル】言動は行ったり来たり

『思いやりは、自分のため』恩を仇で返す、なんて人もいます。ですが、別の人からチャンスを頂いたり、10年後にトラブルを防ぐきっかけになったりします。これは悪意の場合も同じです。言動と結果の天秤は、釣り合います。

『病院スクランブル』オリジナルオンリーはロンリー

『新しい+共感=感動』わかりにくい文章が許されるのは、試験や法律などの理解されたくない時だけです。わかりやすくても、新しさがなくては心が動きません。ベストセラーになるのは、多くの人に感動された文章です。

『病院スクランブル』読まれやすいネタとは?

『書き手と読み手のWin-Win』書きたくないテーマでは熱意がこめられません。望まれていない内容では読んでもらえません。最初のうちは”書きたい”と”読みたい”の合流地点ネタがおすすめです。

『病院スクランブル』文章の長さは何で決まる?

『むりやり書かない』水増しした文章は、最後まで読んでもらえません。「削る部分がないほどシンプルに」がいい文章の基本です。

『病院スクランブル』映画「記者たち」は、多数決の恐ろしさを教えてくれる

『多数決は無責任の母』一人で決める経験が少なすぎると、無責任人間になります。子育て失敗の多くは「親が代わりに決断」です。決断力と責任感はセットです。自分で決めて失敗する経験がないと、損をしたくないからと決めない人間に育ちます。責任感のない…

『病院スクランブル』 共感されやすい感情は?

『感情は流されやすい』共感を狙った、特に負の感情を煽る情報がネット上にあふれています。煽られた感情は、体力・気力・判断力を奪います。そんな時にした決断は、後悔を生みます。決断には、熱い想いと冷静な思考の両方が必要です。

『病院スクランブル』 文系? 理系?

『優劣は意味がない』磁石のN極S極を、どちらが優れているかと語る人はいません。ことわざも「急がば回れ」「善は急げ」のように、反対の意味がセットです。片方だけでは、物事は成り立ちません。

『病院スクランブル』 面白いは、ストック型

『相手目線≠反応狙い』アクセス狙いは、あくまで追加項目です。スピーチと同じく、反応を重要視しすぎると逆効果です。”伝えたい内容→より多く”の順番ですよ。

『病院スクランブル』 判断基準は、朝礼

『短いスピーチは歓迎される』話が長いと、聴く側も疲れます。問題なく伝わるならば、短いほど喜ばれます。面白い話を狙っての長話は、99%外します。慣れないうちは、短文が必勝法です。