歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

『病院スクランブル』どんなふうに休む?

『休み≠のんびり』ジッとしていられないタイプの人もいれば、活動する度に疲れる人もいます。本の読み方と同じく、休み方も多種多様です。

『病院スクランブル』休息タイプはキッチンタイマー? 目覚まし時計?

『充電し過ぎは本体にダメージ』ベストな休息時間は、一人ひとり違います。世間の常識に自分を合わせようとすると、疲れがとれません。多すぎず少なすぎず、調度いいお休みタイムを見つけてくださいね。

『病院スクランブル』オリジナルオンリーはロンリー

『新しい+共感=感動』わかりにくい文章が許されるのは、試験や法律などの理解されたくない時だけです。わかりやすくても、新しさがなくては心が動きません。ベストセラーになるのは、多くの人に感動された文章です。

『病院スクランブル』読まれやすいネタとは?

『書き手と読み手のWin-Win』書きたくないテーマでは熱意がこめられません。望まれていない内容では読んでもらえません。最初のうちは”書きたい”と”読みたい”の合流地点ネタがおすすめです。

『病院スクランブル』文章の長さは何で決まる?

『むりやり書かない』水増しした文章は、最後まで読んでもらえません。「削る部分がないほどシンプルに」がいい文章の基本です。

『病院スクランブル』多数決禁止な場面

『危険を手懐ける』危険だからと避けてばかりいると、逆に危険が増えます。火が危ないからと生物ばかり食べて、食中毒になるようなもののです。「どんなものにもメリット・デメリットはある」の心構えでいた方が危険度は下がりますよ。

『病院スクランブル』多数決の運用法

『メディアリテラシー』土台となる知識と判断力がなければ、多くの情報に触れても騙されるだけです。個人で発信できる時代になりましたが、権力や財力が多い人の発言権が強いのは変わっていません。情報誘導の例は、古今東西の歴史書に読みきれないほどあり…

『病院スクランブル』映画「記者たち」は、多数決の恐ろしさを教えてくれる

『多数決は無責任の母』一人で決める経験が少なすぎると、無責任人間になります。子育て失敗の多くは「親が代わりに決断」です。決断力と責任感はセットです。自分で決めて失敗する経験がないと、損をしたくないからと決めない人間に育ちます。責任感のない…

『病院スクランブル』冷静さを忘れる時

『無感動は死への片道切符』感情が凍っていた頃は、毎日が消化試合でした。時計の歯車のように、周りの歯車の回転を邪魔しないように動くだけの生活です。死にそうになろうが、食事が何日抜けようが苦しさをあまり感じなかったのが救いでしたね。痛みがない…

『病院スクランブル』冷静さの獲得法

『冷たいだけでも、生きられない』感情が熱すぎると、自分も周りも燃やし尽くします。けれでも冷たすぎては凍えてしまいます。お風呂の温度と同じく、自分にとっての適温を見つけるのが生き抜くコツです。

『病院スクランブル』冷静さというメガネ拭き

『パニックは状況を悪化させる』トラブル時に、最も保つべきなのは判断力です。災害時は判断ミスは、死に直結します。「若いうちの苦労は買ってでもしろ」との言葉は、冷静さの鍛え方を教えてくれています。普段は冷静でも、危機にパニックの人は頼りになり…

『病院スクランブル』信じられる人に出会うには?

『立場と信じられるかは別』人格と立場は全く関係ありません。「仲間だけで信用できない」「ライバルだけど信用できる」逆に言えば、状況が変わった程度で崩れる信用なんて、いつかは崩れる脆いものです。少なくとも、信頼はできません。

『病院スクランブル』信用できない人の見抜き方

『先入観を捨てる』騙すコツは、思い込ませることです。人間の脳は「自分は正しい」と思いたがりです。ちょっとでも信じさせれば、相手の脳が勝手に説得してくれます。だから詐欺心は、信用されやすい肩書きやアイテムを身に着けています。

『病院スクランブル』人間不信も不要じゃない

『信じる前に見極める』皮肉なことに、信じる人ほど根深い不信に陥ります。不信の母は裏切りです。不信の世界は心が何も感じなくなり、生きている実感すら無くなります。そうなる前に、信じる対象を選んでください。できるなら「裏切られても良い」と思える…

『病院スクランブル』急速充電は、人間の体でも悪影響

『疲れは急には無くならない』使うのはすぐなのに、なかなか貯まらないのが体力です。お金と似ていますが、即回復の手段がないのが大きな違いです。疲れきる前に休むのが、体力維持のコツです。