歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

『病院スクランブル』 無理はボディーブロー

『今だけ、我慢すればいい』そんな無茶を続けた結果、8年以上も外出がほとんどできない体験をしました。今も、通院中です。だるい、身体が重い、むくみなど、緊急性のない症状も甘く考えると、手遅れになります。ご注意くださいね。

『病院スクランブル』 独学の落とし穴は、盲点

『思考も慣れる』駅への向かい方が毎回同じように、思考にも人それぞれ癖があります。楽観的だけ、悲観的だけ、どちらも人生の落とし穴にハマります。”様々な視点で考える”意識してないと、事実はみえてきません。

『病院スクランブル』 事前準備で、増える

『学びもオーダーメイド』学びは、かける時間が長ければ効果が出る、わけではありません。短い時間で効率よく、自分に合ったやり方を見つけられば、一生使えます。

『病院スクランブル』 イライラ分析

『イライラは学びポイント』イラッを無視せず「なんでムカついたか?」をじっくり考えると、いくつかの気づきが得られます。”快”は個人差が大きいですが、”不快”は共感されやすいポイントです。コミュニケーション能力向上の助けですよ。

『病院スクランブル』 騙しには、冷静さ

『熱狂は騙しのアイテム』ノリで判断すると、失敗します。直感と軽率は、まったく違います。直感は内側から、軽率は周りの影響です。盛り上がっているときほど、ご注意ください。お酒が入ると、更に危険度アップです。

『病院スクランブル』 イベント進行を観察せよ

『行動は嘘がつけない』言ってることが、ホントかウソかを見分けるコツは行動です。ある程度観察してれば、いい点も悪い点も浮かび上がります。役者より演技力が高くても、行動に現れます。

『病院スクランブル』 話下手でも無問題

『聞くがはじまり』話すことに集中すると、しゃべりすぎて失敗します。朝礼で話が長くて辛い、と感じませんでしたか? 歓迎されるのは、聞く人です。

『病院スクランブル』 直感の現れ方は、それぞれ

『直感シグナル』直感に決まりはありません。「なんとなく、気になる」そんな時に、行動を続けるだけです。経験を積み上げることで、直感が磨かれます。

『病院スクランブル』 日本で海外の情報を得る

『外からの目線』日本の情報だけだと、世の中の流れのよみがズレます。出来事を多方面からの観察し、分析しながら行先を考えます。なお、日本は世界でも特殊です。『日本の常識は世界の非常識』良くも、悪くもです。

『病院スクランブル』 イベントは、自分で作れ

『小さな非日常を』イベントは大きくしようとすると、お金や時間がたくさんかかります。とても頻繁には起こせません。普段はちょっとした楽しみ、たまに旅行や記念日などで派手にする。大きい、小さいイベントの使い分けがポイントです。

『病院スクランブル』 疲れを軽くする方法

『疲れない』病気になる前、未病のうちに対処するのが大事なように、疲れる前に防ぐ方が大切です。ストレスと疲れは、セットです。疲れが少なければ、ストレスも軽くすみます。

『病院スクランブル』 疲れは、心>頭>体

『疲れるのは、体だけじゃない』むしろ心と頭の疲れの方が、病気の原因になります。1週間単位で、疲れを癒やす仕組みを作っておくと、健康維持の助けになります。

『病院スクランブル』 物語の力とは?

『近いからこそ、伝わらない』人生を変えるほどのきっかけは、だいたい関係が遠い所から得られます。『親密だからこそ、届かない』そんな場面は、あります。コミュニケーション力では、どうにもならない点です。

『病院スクランブル』 空気なしで生きられますか?

『大切なものは目に見えない』by星の王子様 「まだ大丈夫」と過信して失う人は、数多くいます。「今しか無い」ぐらいで、調度いいです。映画『運び屋』は、家族を通して、教えてくれる作品です。

『病院スクランブル』 子どもの問題は?

『どうすれば、事件が減るか?』大事なのは、食事と逃げ場所です。特に成長期の栄養不足は、健康な体で生まれたとしても、身体に悪影響が残ります。追い詰められれば、絶望します。心身の貧困は犯罪の母です。ローマ人は”パンとサーカス” と例えました。