歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

『病院スクランブル』 第50回 気楽な友人

f:id:yumi_11819:20190418145104j:plain

 

第50回 気楽な友人

2019年3月5日 焼き鳥屋

 


映画『翔んで埼玉』を楽しんだ後、タイミングが合ったので友人と焼き鳥屋で食事をした。映画館の近くに、お店があるのでよく利用している。

なんでもない話を
とりとめもなく話す
会話の間に、スマホもいじる

 

礼儀だとか、秘密だとか、時間も気にせず、ただ一緒にいる時間を楽しむ。なんて贅沢な時間なんだろう。何でも話せる相手は、何者にも代えがたい宝だ。



私は16歳まで、本音を話したことが1度もなかった。親が相手でも関係なく、誰を相手でも後先を考えて口を開いた。表情も場の空気に合わせた。幼稚園に入る前から、ずっとだ。高校で友人ができるまで、ずっと一瞬も気を抜くこと無く、話していた。

 

当時は苦しかった。言いたいことも言えず、ひたすら我慢していた。苦しくても、悲しくても笑顔でごまかした。心は岩みたいに、ガチガチだった。

 

だからこそ、なんでも気にせず話せる、今がとても幸せだ。本音を少しでも言えるだけで、心が羽のごとく軽くなる。



何でも話せる人は貴重だ。口が堅いと信頼ができて、相性が良くないと、私には無理だ。「話したことを、他でもしゃべるかも」と思う人に、気楽に話すなんて出来ない。



何でも話せる人に出会うたびに、私は心から感謝する。
「あなたに会えて嬉しいです。ありがとう」

そんな人といるこの時間は、食事がとても美味しい。空腹以上の、最高のスパイスだ。



<<2019年3月6日に続く>>

 

 

グリーンブック~オリジナル・サウンドトラック

グリーンブック~オリジナル・サウンドトラック

  • アーティスト: サントラ,ジーン・オースティン,ナサニエル・シルクレット,ジェラルド・ヒューイ・ラムゼイ,ジョニー・メイ・マシューズ
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2019/02/27
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る
 

 

 

↓ ランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村</a