歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

『病院スクランブル』 面白いは、ストック型

 

『病院スクランブル』 面白いは、ストック型

 

2019年3月23日 自宅

 

文章でも、会話でも”ウケ”を狙うと、逆効果である。専門用語のような難しい言葉や、カタカナ文字多用する”賢さ”アピールも、同じく逆効果である。スピーチの場合、聴衆の冷ややかさと演者の熱さのギャップに、風邪をひきそうになる。反面教師としては最高だが、同じ立場になるのはおすすめしない。

 

私も会話の中で、笑い泣いてもらえた経験がある。そのどれでも、面白さや悲しみを狙ったことは一度もない。知識不足は自覚しているので、賢さアピールなんて無謀なマネもしない。毎回、気をつけているのは『わかりやすさ』と『どう伝えるか?』だけである。そんな中で反応が良かった話やフレーズを、脳内ストックにためている。

 

脳内ストックがあれば、突然1分間スピーチがきても、笑顔で受けられる。セミナーに参加していて気づいたのだが、前回と同じ話を別の回で使っている。そんなことも、少なくない。それでもバッチリ、笑いの渦が発生している。感動や涙の嵐だって、巻き起こる。

 

頭で考えるより、話したり書いたりして、反応が良かったものを磨いていく。その方が、会場が冷凍庫に早変わり、なんて悲劇は防げる。他人の失敗は参考になるが、成功は利用しにくい。うかつに真似ると、自身のキャラクターと言葉が合わずドン引き、さらにパクリを責められる。結果、評価がガタ落ちした人たちは数えるのがむなしくなるほどいた。

 

「自分の印象を良くしたい」と考えると、緊張したり早口になったりして、望む効果なんて得られない。むしろ「伝えることで、相手にプラスの影響があると良いな」との想いで語ると、向こうから連絡先を求められたりする。クレクレ思考は、逆にマイナスである。

 

会話でも、文章でも『相手目線』に集中すると、良い結果が生まれやすい。ただし、反応を良くしようと考えるとスベる。なかなか、実践は難しい。

 

<<2019年3月24日に続く>>

 

カーネギー話し方入門 文庫版

カーネギー話し方入門 文庫版

 

 

↓ ランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村