歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

『病院スクランブル』 第38回 手書き

 

第38回 手書き

 

2019年3月2日 自宅

 

京都天狼院から、帰ってきた。電車の中で30分、うたた寝していたので、頭はすっきりしている。ここで違和感に気づいた。

 

なにかがおかしい

なにかが事実とは違う

私は、なにを勘違いしているんだ

 

5分ほど考えて、気づいた。頭がボーっとしていないのは、うたた寝のおかげではない。なぜなら、前回は電車に乗っている間、ほぼ1時間うたた寝しても疲れが取れなかった。家に着いた時には、ふらふらしていた。なのに今回は、30分の仮眠でスッキリしている。なぜか?

 

身体の調子がいいから

 

うつ消しごはん』に書いてあったことを参考に、日々の食生活を変えた。タンパク質を増やして、炭水化物を減らした。病院からもらった、鉄分とビタミンB群の錠剤をかかさず飲んだ。購入したカルシウムや亜鉛などのサプリを、寝る前に飲んだ。それが2週間で、私の体調を整えてくれたのだ。同時に、気づいてしまった。

 

食事から栄養が取れないほど

内臓が弱っていた

 

体調が良くなった喜びと、身体の弱りっぷりが予想以上だった悲しみで、霧が目の前を覆っているような気分になった。何か、すっきりしない。こういうときは、悩むとドツボにハマるので、事実だけを整理した。

 

身体が軽い

食生活の改善は成功

内臓が弱っている

 

なんだ、問題ないじゃないか

 

このままの生活を続けていれば、体調がもっと回復する可能性が高い。内臓も弱っているが、身体が楽になったということは、内臓も回復の道を進んでいる確率は0じゃない。現状維持でも悪化でもなく、改善している。

 

喜ばしいことばかりじゃないか

 

もやもやはどっかに吹きとび、テンションが上がった。単純だと、自分を笑いたくなった。



悩みの原因は”わからない”、これが多い。大きな問題であっても、理由がわかっていれば負担はマシになる。わからないから、不安や疑惑がどんどん重なって、ストレスが増える。

 

そんな時は「事実はどれだ?」と考えてみる。感情をわきに置いて、事実だけを見つめる。頭の中だけで難しい時は、紙に手書きする。これだけでも、悩みを分析できるので、やみくもに考えるよりは、いい方向に進みやすい。

 

メモの威力は、偉大である。

 

この方法で救われたことは、何度もある。それなのに、悩みだすと頭からすっぽ抜ける。まだまだ修行が足りないと、反省で1日が終わった。



≪2019年3月3日に続く≫

 

 

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

 

 

↓ ランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村