歩くリトマス試験紙の反応記録

『ありのままに、ゆったり生きる』

『病院スクランブル』休息タイプはキッチンタイマー? 目覚まし時計?

休息タイプはキッチンタイマー? 目覚まし時計?

 

2019年4月16日 自宅

 

「病気があるように見えない」とよく言われる。先日は、医師にまで言われた。しんどくない、わけじゃない。しんどさを忘れるほど、熱中するのが得意なだけだ。代わりに稼働時間は短い。壊れかけのスマホのように、すぐに充電が切れる。こまめな15分休憩と週2、3日の休みは必須である。週7日休みのときもあるのが悩みどころだ。

 

休息は充電期間だ。休みがなければ、脳だって長期記憶ができない。心臓も何十年も動いてられない。むしろ上手に休めない人は、いい活動ができない。

 

休みの重要さが広がってきたのに、日本のダメなところがひょっこりでてきた。

 

「昼寝は1時間以内で」

「睡眠は1時間半区切り」

「15分の休憩がいい」

 

誰にでも当てはまる休息法など存在しない。短い休憩だとイラッとする人もいれば、長い休憩だとダラダラしてしまう人もいる。昼寝しないと午後シャッキリしない人、逆に夜寝られなくなる人もいる。私の昼寝時間は最長3時間だが、夜ぐっすりだ。むしろ眠いのに寝ないと、高熱を出して1週間は寝こむ。細かい休憩はあまりしない。

 

『睡眠が1時間半くぎり』説は誤りで、個人差があるという論文が発表されている。「1日卵1コ以上はコレステロールとりすぎ」「マーガリンはバターより健康的」と同じく、そのうち消えそうだ。医療系の常識は訂正されても、迷信のように残り続けやすい性質がある。おまけに最新情報にはウソが多い。自分というパラメーターを信じた方が無難である。

 

キッチンタイマーで計りやすい3~15分区切りで休むのか、目覚ましい時計で1~3時間区切りで計るのか。どちらがいいかは、目覚めた後の感覚で決めるしかない。自分以外の人がいいと言ったとしても、合わないものは合わない。信じるべきは頭の中の知識ではなく、五感から得た情報である。

 

電気自動車の充電は、スマホ用バッテリーではできない。

 

<<2019年4月17日に続く>>

タニタ タイマー 大画面 100分 ホワイト TD-384 WH でか見えタイマー

タニタ タイマー 大画面 100分 ホワイト TD-384 WH でか見えタイマー

 

 

↓ ランキングに参加中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村